インプラントと矯正治療を併用した複雑な治療例

一人の歯科医師が矯正治療とインプラント治療を行った治療例

初診時の正面観 【1】 咀嚼障害で来院されました。
右の1点しか咬んでなく、開口の3級(前歯に隙間がある、うけ口)で成人の矯正治療としては大変難しいかみ合わせでした。
全部で7本のインプラントを埋入して、矯正治療も行いました。
治療終了時の状態 【2】 治療終了時の状態。
左上3番にもインプラントを埋入してあります。

1人で行います part2

初診時の状態 【1】 審美障害で来院されました。
右上2番が先天性欠如のため左右のバランスがよくありません。
矯正治療でスペースを作っている様子 【2】 右上1番、右上3番の間を広げていきます。
臼歯部に矯正用のインプラントを埋入し、それを利用して右の臼歯を後ろに下げてます。
スペースができた状態 【3】 スペースができました。ただこのスペースは歯牙の傾斜移動によるものです。歯軸を立て直す必要があります。外科的浸襲を加え局所の骨粗鬆症を誘発して歯を速く動かすコルチコトミー効果を期待してインプラントを埋入しました。
インプラントを埋入して補綴物が装着された状態 【4】 できたスペースにインプラントを埋入して補綴物が装着されました。
初診時に比べ歯列のアーチも拡大され、審美的のみならず、かみ合わせが安定しました。
インプラント部の写真 【5】 インプラント部。
隣在歯と調和がとれているのがわかります。