• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

治療期間の短縮 part1

【1】 術前の写真です。
歯槽膿漏で上顎の歯全て保存が難しい状態でした。
【2】 術後なんと6ヶ月で治療が終了しました。
もちろんオリジナルテクニックを駆使しています。
歯肉の高さも連続性が保たれ、審美的、機能的回復が認められます。
【3】 術後のレントゲン写真です。
上顎で7本、全顎で9本のインプラントが埋入されています。
【4】 補綴物を外した状態。
歯冠乳頭が美しく形成されていることがわかります。
【5】 右上3(犬歯)のCT像。
術前歯が歯肉から飛び出た状態でしたが、GBRによりインプラント周囲は骨様組織に覆われているのがわかります。

治療期間の短縮 part1-2

【1】 術前の状態 咬合平面が乱れ、咬み合わせが低いため前歯部が前方に傾斜して崩壊してきています。
歯槽膿漏のため歯を保存することが難しい状態でした。
インプラント治療を希望していると言うことで他医院からの紹介で来院されました。
【2】 上顎の治療が終了した時点のレントゲン写真。
上顎7本、下顎1本のインプラントが埋入されていることがわかります。
【3】 治療終了後3ヶ月の写真です。
この患者様の治療は約10ヶ月で終了しています。
下顎はアーチが狭窄していましたので簡単な矯正治療も行っています。

2つの症例との上顎の歯を全部抜いてインプラントにしていますが、治療期間中も入れ歯にすることなく、一定のQOLを維持して治療が進められました。
私たちは患者様の治療の結果のみならず、その過程も大切に考えています。

治療期間の短縮 part1-3

【1】 術前の状態。
【2】 切開剥離した状態。
【3】 インプラント床を形成した状態。
【4】 埋入後、アバットメント(土台)装着。
【5】 その日仮歯を装着し、噛めるようになりました。(即時荷重)
【6】 約1ヶ月の歯肉の状態。
自然治癒により、健康な歯肉に回復しております。
その日に土台を建てたので、二次手術が必要ありませんでした。
【7】 約2ヶ月後、最終補綴物を装着されました。
※痛みもなく早く噛めるようになり、患者さんは非常に満足しております。