• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

予防歯科への招待 part8

定期管理で歯周病はコントロールできる

バイオフィルムを定期的に壊し取り除く
プラークコントロールは家庭で自分自身でするものと、その人のリスクに応じて定期的に歯科医院でするもの、その二つがかみ合ってはじめて効果的なものになります。プラークコントロールの目的は、バイオフィルムを壊し取り除くことです。
プラークコントロールは、歯科医院で定期的に専門の清掃を受けなければ確実ではありません。歯ぐきに隠れて、歯ブラシが届かない場所から歯周病が進むからです。ある程度深い歯周ポケットになると、患者さんのブラッシングだけでは歯を支える組織の破壊が生じるといわれています。
定期管理を重視する歯科医院では、気持ちよくなることやきれいにすることに関心を払っていますが、定期管理の主たる目的はバイオフィルムの確実な破壊と除去です。

歯石が原因?
歯石そのものは細菌が石灰化したもので、ミネラルそのものには害はありません。問題はそのざらざらの表面です。そこに細菌が定着してつくったバイオフィルムが歯周病の原因になるのです。
歯周病の定期的なコントロールでは、長い時間かけて歯根を探り、ざらざらの歯石をみつけて、そこにこびりついたバイオフィルムごと除去する作業をくりかえします。歯ぐきを傷めず、歯根を削らないようにすると不快感は小さいのですが、そのためには熟練を要します。
バイオフィルムさえ破壊できれば、少々の細菌が残っていることは問題ではありません。
超音波振動を使って根面をきれいにすることだけでも効果があります。
haburasi