夏季休暇のお知らせ

下記の日程で夏季休暇とさせて頂きます。

8/11(土)~8/16(木)

8/17(金)から診療開始となります。

よろしくお願い致します。

有名人の顔から考える噛み合わせ⑧~新井恵理那さん編~

今回は、テレビ朝日の「グッド!モーニング」でエンタメコーナーを担当しているフリーアナウンサーの新井恵理那さんのお顔を見ていきたいと思います(^^)

 

新井さんは青山学院大学出身で、2009年に『ミス青山学院大学』グランプリを獲得☆

現在は写真集やカレンダーを出すほど人気が高く、出演番組は「グッド!モーニング」だけではなく、TBS系の「新・情報7daysニュースキャスター」、日本テレビ系の「好きになった人」などさまざまな番組で活躍しています。

先日、「2018年上半期テレビ番組出演本数ランキング」が発表され、新井さんは出演本数237本で女性部門の第2位!

全体の7位に輝きました☆★

フリーアナウンサーの川田裕美さんや小林麻耶さんなどが所属する「セント・フォース」の中ではトップとなり、最も活躍しているフリーアナウンサーの一人と言えます(^^)

 

ではさっそく新井さんのお顔を見ていきたいと思います。

新井恵理那

あきらかに左右の目の大きさが違いますよね。

右目の方が小さいです。

 

続いてこちらの写真です。

新井恵理那

こちらの写真も右目が小さいのが分かります。

唇の下にくぼみもできていますよね。

さらにほうれい線も右の方が若干ですが深く、右の眉毛も左に比べると下がっているように見えます。

 

この2枚の写真から、新井さんは右側で噛む癖があると考えられます。

唇の下にくぼみができているのも、エクボみたいでかわいいな~なんて思ったりもしますが、このくぼみは右側に力がかかっていることによりできているのです(>_<)

 

これだけはっきりとお顔に現れているので、左側では噛みずらく右側ばかりを使ってしまう何らかの原因があるのだと思います。

お顔が完全に左右対称というのは難しいと思いますが、できるだけ対称の方がいいですよね。

ヒアルロン酸でほうれい線を消してごまかす、、というのは限界があるかもしれません^_^;

 

歯科治療で噛み合わせを整えることでお顔の左右差も改善されることがあります。

左右のバランスを整え、さらに美しくなってほしいですね(^O^)

これからも、情報番組・バラエティーなど幅広い活躍に期待です(*^_^*)!!

薬の副作用と歯科治療

 

<薬と歯科治療>

歯科以外の病気で飲んでいる薬が歯科治療に影響を与えることがあります。

どんな薬がどのように口腔内に関係してくるのか知っておく必要があります。

 

●抗血栓薬

血液を固まりにくくし、血栓で血管が詰まるのを防ぐ薬です。

出血が止まらなくなる点に注意が必要です。

狭心症や心筋梗塞の恐れがある人、脳梗塞を起こしたことがある人が服用しています。

 

歯科治療では出血する場面が多いため注意が必要ですが、だからと言って歯科治療のために服用をやめると血栓症につながる恐れがあるので勝手に服用をやめてはいけません。

医科や歯科のガイドラインでは抗血栓薬の服用を続けたまま抜歯を行うよう推奨されています。ワーファリンの服用を中断して抜歯した人の約1%(493人中5人)が、血栓が原因の発作を起こし、その80%(4人)が亡くなったという報告もあります。

抗血栓薬服用中に歯科での外科的処置が必要になった場合かかりつけの病院でワーファリンを止めるべきか、そのまま歯科治療を行うべきか相談する必要があります。

外科的処置を行った場合は状況によっては縫合を行ったり止血剤を用いて止血をします。

また抜歯やインプラント埋入などの手術の場合、口腔内では止血できたとしても手術が終わってから皮膚に内出血を起こして顔や首に青あざができることがあります。

内出血は通常1~2週間で自然に消えますが、事前に知っておくと安心でしょう。

 

[主な抗血栓薬の経口薬]

ワーファリン/バイアスピリン/アンプラーグ/プラビックス/プレタール など・・・

 

 

●ビスフォスフォネート製剤

骨を増やして骨折の予防に使う薬です。

骨粗鬆症の予防をしている人や骨折したことがある人、ステロイド治療を受けている人が服用している可能性があります。

長期間服用している人は顎骨壊死のリスクがあります。

 

ビスフォスフォネート製剤による顎骨壊死のメカニズムはいまだ不明な点も多いが、以下のように考えられています。

人の骨は破骨細胞が古い骨を吸収し、骨芽細胞が新しい骨を形成することによって骨のリモデリングが行われています。ビスフォスフォネート製剤は硬い骨(緻密骨)に多く集まると言われていて、服用するとビスフォスフォネート製剤が破骨細胞に特異的に取り込まれ破骨細胞が死んでしまいます。破骨細胞が死んで少なくなると連動して起こる骨芽細胞によるリモデリングが妨げられ骨密度が下がり、刺激を受けると骨折や顎骨壊死が起こりやすくなります。

 

また骨のリモデリングの期間は3カ月といわれているので、現在服用していなくてもいつからいつまでの期間服用していたかなど歯科医院でも申告した方がいいでしょう。

歯科治療前の休薬期間は少なくとも3カ月が望ましいです。

顎骨壊死のリスクがある治療を行う場合はかかりつけの医師と歯科医師に相談が必要です。

 

[主なビスフォスフォネート製剤の経口薬]

フォサマック/ボナロン/アクトネル/ベネット/リカルボン など・・・

 

ビスフォスフォネート製剤を避けるために骨粗鬆症の予防として骨密度を上げることが考えられますが、ただ単にカルシウムを摂取するだけでは腸で吸収されずらく骨密度は上がりません。

カルシウムとビタミンDを一緒に摂取すると腸管吸収が良くなります。

また紫外線を浴びることによって体内でもビタミンDは作らます。

夏であれば暑さを避けて30分程度、冬なら1時間程度外で過ごすだけで必要なビタミンDは作られます。

骨は負担がかかるほど骨芽細胞の働きが活発になるので、無理ない程度に運動することも十分骨粗鬆症の予防につながるでしょう。

 

○カルシウムが含まれる食べ物

乳製品、小魚、小松菜、チンゲン菜、大豆製品 など・・・

 

○ビタミンDが含まれる食べ物

サケ、ウナギ、サンマ、しいたけ、きくらげ、たまご など・・・

 

 

●抗てんかん薬

脳の興奮を抑えて、てんかんの発作を防ぐ薬です。

抗てんかん薬の中で、フェニトインが入った薬を長期間服用した場合、副作用として50%以上の確率で歯肉に腫れが見られます。

予防にはケアが必要で、歯石や補綴物の不適合などが歯肉への刺激になり腫脹を招きやすくなります。

フェニトインの長期服用による歯肉増殖は炎症症状に乏しいのが特徴ですが、清掃状態が悪いと発赤、炎症症状が生じるので注意が必要です。

歯肉増殖は必ず歯のあるところに発症し、場合によっては歯肉切除術を行うこともあります。

 

[主な抗てんかん薬の経口薬]

アレビアチン/ヒダントール

 

●カルシウム拮抗薬

血管の収縮を抑えて血管を広げ血圧を下げる薬です。

高血圧の治療をしている人が服用している可能性があります。

副作用として歯肉の腫脹や増殖が起こることがあります。

カルシウム拮抗薬を長期服用している人で歯肉の腫脹が起こってしまう割合は約20%と言われています。

抗てんかん薬と同様、口腔清掃不良や補綴物の不適合などで悪化する恐れがあるのでメインテナンスが大切になります。

高血圧症の治療は生活習慣の改善と降圧薬の投与ですが、降圧薬の中でもカルシウム拮抗薬を選択する症例は多く、ニフェジピンやアムロジピンなどのジヒロドピリジン系カルシウム拮抗薬はその代表的な薬剤となります。

 

[主なカルシウム拮抗薬の経口薬]

アダラート/アムロジン/ノルバスク

 

 

このように歯科と関係なさそうな全身疾患の薬でも口腔内に影響を与えることもありますので、服用中の薬や体調などもできるだけ歯科医院に申告することをおすすめします。