有名人の顔から考える噛み合わせ⑫~メーガン妃編~

こんにちは(^^)/

今回も有名人のお顔を見ていきたいと思います☆

 

今回は、イギリス王室サセックス公ヘンリー王子の夫人であるメーガン妃です。

メーガン妃は大学卒業後、父親が照明ディレクターだったこともあり父親の影響を受け女優の道へ。

ヘンリー王子との婚約を機に女優業を引退しています。

メーガン妃は2011年にTVプロデューサーの男性と7年の交際を経て結婚しましたが2年後に離婚。

その後ヘンリー王子と出会い、出会って約1年半で婚約し、今年結婚式が行われました。

ヘンリー王子はメーガン妃との出会いについて

「これほどあっという間にメーガン妃を愛するようになったのは僕にとって天の采配だっていう証明でした。何もかもがあまりにも完璧だった」

と述べています。

婚約指輪のデザインは、ヘンリー王子が手掛けたそうです☆

そして来年春には第一子が誕生予定(^^)

姿を現すたびにメーガン妃のファッションに世界中の注目を集め、着用してアイテムが瞬時に即完売する”メーガン・エフェクト”という現象も起きているようですが、妊娠中のファッションにも注目が集まりそうですね(^O^)

 

そんなメーガン妃のお顔がこちら。

メーガンにの写真

右側と比べると左側のほうれい線が深く、唇も左側にあがっていますよね。

 

メーガン妃の写真

こちらの写真も唇が左側にあがっています。

しかしエラは右の方が張っていますように見えます。

 

本来よく噛んでる側のお顔はほうれい線が深くなりエラも張り、眉は下がります。

それがメーガン妃の場合はどちらとも言えない状態ですね。

お顔を見てどちらで噛んでいるかパッと判断できない場合はどこかの歯の形が悪く噛み合わせに引っかかりが生じていたり、噛み合わせの基準となる上顎の中心がずれていたりと、お口の中で複雑な問題が起きている可能性があります。

有名人によくあることですが本当は右のほうれい線が深かったけどそれが気になるのでヒアルロン酸を打ったりボトックスを打ったりなども考えられますね。

 

口の中を見てみないと顔だけだと噛み合わせが読めない難しい顔だな~と院長も言っていました!!

一度メーガン妃のお口の中を拝見してみたいものですね!笑

LINEで送る
Pocket