ゴールの見える歯科治療

こんにちは♪ 本田です。

久しぶりの登場です (笑)

みなさん、お元気でしたか?

 

月日がたつのは早いもので、

気づけばあっという間に3ヶ月がたちました、、、

 

思えばこの3ヶ月、、、

院長の鬼のような指導に涙を流し、 (笑)

奥さんと宮里さんの優しさに涙を流し、 (笑)

 

ん~・・・・、いろいろありましたね ♪ 笑

 

衛生士として日々、成長中でございます (´▽`)♪

 

少しは衛生士らしくなってきたのではないかと、、、

自負しております  (笑)

 

\(^▽^)/♪

 

 

さてさて、、、笑

 

本日は、 『ゴールの見える歯科治療』 と題しまして、

診断用ワックスアップ ←についてお話ししたいと思います。

 

 

 

みなさんは、歯医者で治療をした後に、、

 

『こんなはずじゃなかった…』

 

『思っていたものと違う…』

 

 ↑ こんな風に思いたくないですよね\(゜ロ\)?

 

ましてや、歯は削ってしまっては元には戻らないですし、

治療を行う上で、

 

『どんな風になるんだろう?』

 

と不安に思う人も多いとおもいます。

 

そんなときに登場するのがこちら!!!!!!

 

☆診断用ワックスアップ☆ なんです

 

診断用ワックスアップとは、

 

治療を行う前にまず、上下の歯の型をとります。

 

治療をしたい歯にしるしをつけ、技工士さんの手によって

理想の歯並びをワックスで、模型上に再現します。

P1010047.JPG↓ ↓

 P1010048.JPG

 

 

P1010049.JPG

↓ ↓

P1010050.JPGこの違いわかりますか?

 

 

このように客観的にみることによって、患者さんの治療に対する

モチベーションもあがること間違いなしです(・▽・)☆

 

そしてなにより、安心して治療を進めていくことが出来ますよね♪

 

患者さん、技工士さん、そして私たちが

一丸になって理想の美しい歯並びを目指すことができます。

 

 

歯科治療ってなんて素敵なんでしょう~♪  笑

 

 

 

というわけで

本日は診断用ワックスアップについて

書かせていただきました(^^)

 

 P1010085.JPG

 

それでは、みなさん

また目黒でお待ちしておりま~す(^▽^)/♪