• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

インプラント症例報告1(YEAR BOOK2011)


 
クインテッセンス社から毎年 インプラント YEAR BOOKが出版されます。インプラント YEAR BOOKは日本にあるインプラントメーカーの商品説明を目的に毎年出される雑誌Quintの別冊で、臨床家がメーカを代表してそのパートを書くことになっています。今回株式会社ハクホウのインプラントスプラインのパートを担当させて頂きました。今更という感じですが、クインテッセンス社の山形さんとのお付き合いもありまして書かせて頂きました。

掲載した症例は天然歯補綴とインプラント補綴の調和(歯肉縁形態の連続性)についてをテーマにしています。

最近サボっていた症例掲載を YEAR BOOKの症例を掲載することで再開しようと思います。




術前の状態
1.jpgのサムネール画像

インプラント治療を希望して大学病院のインプラント科をを受診しましたが、上顎洞までの距離が短かく侵襲が大きく治療の難易度が高いと説明を受けたそうです。

当院では上顎洞を挙上する際に低侵襲である歯槽頂アプローチを選択することが多いことを説明させて頂きました。

目黒駅の歯科医院に通院するには片道1時間以上かかりますが当院でのインプラント治療を希望なさりました。



12345.jpg
インプラント治療術後の状態

 

右上2と左上4は予知性が低いため抜歯となりました。上顎天然歯は左上13のみで、後はインプラント補綴となります。

歯肉の連続性が獲得され審美的に補綴物が装着されたことがお分かり頂けると思います。

 

 

 

3.jpg

仮付けされている補綴物を外した状態。

補綴物に沿って左右対称に歯肉縁形態が獲得されています

 

 

 

 

 

1.jpgのサムネール画像

術前のレントゲン写真 

 

 

 

 

 

333.jpg 

術後のレントゲン写真