歯周病は感染症です

歯周病とは

歯周病とは、歯周組織の病気です。
ひとことで、「歯周病」といってもさまざまなタイプがあり、皆さんが一般的に呼んでいる「歯槽膿漏」も歯周病のひとつです。
歯周病には大きく分けて、歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする『歯肉炎』と、歯を支えている歯槽骨が破壊される『歯周炎』の2つの症状に分けられます。
歯周病の原因は、歯の表面にプラーク(歯垢)が付着しこの細菌が原因で、歯の周りの組織が病気になる事が一番の原因です。
また、日本の成人の80%が歯周病とも呼ばれており、歯周病があまりにも進行すると、場合によっては歯が抜けたりすることもあります。
 

歯周病の治療と予防

歯周病の予防と治療は原因菌を取り除くことです。歯周病の原因菌は歯の表面に付着するプラークに潜んでいるので、一度治療を行なったからといって終わりという事ではありません。
大切な事は正しいブラッシング方法をしっかりと身に付け、ご自身でケアする事です。そしてセルフケアで対応できない部位は定期健診でプロフェショナルケアで対応することができます。
 

歯周病の治療法に関する新しい考え方

歯周病は歯と歯肉の間の歯周ポケットに存在する細菌に引き起こされる感染症です。
そのため歯周病の治療は歯周ポケットを浅くして細菌の活動を抑制することを目的とした歯周外科がメインとなった時期もあります。しかし、それでも治らない患者さんが約2割近くおられました。それは、最近分かってきたことですが歯周病菌を多く保菌していることが原因でした。
一般的に感染症であれば抗生物質を投与する薬物療法が有効です。しかし、今まで歯周病における薬物療法の位置づけはあくまでも
補助的なものでした。歯周ポケットが存在する口腔は体の外に分類され、歯周ポケットにおいて抗菌薬の浸透性が低いバイオフィルムの形成が抗菌薬の作用を不確実にしています。
風呂場の排水口にヌルヌルとした膜が表面をおおっています。その膜がバイオフィルムです。バイオフィルムとは細菌がつくり出した膜です。
機械的清掃(スケーリング、ルートプレーニング)によるプラークコントロールでは細菌叢の量的コントロールはできても質的なコントロールはできません。
現在では炎症部位で歯周病菌に有効な濃度が得られ、歯周病菌に対する作用が長い薬が開発され細菌叢の質的なコントロールも可能です。
その薬を併用して機械的なプラークコントロールを行うことで良好な結果が期待できるようになりました。
機械的なプラークコントロールを分割して行うと未処置部位から処置を行った部位への歯周病菌の再感染の危険があります。
投与する抗菌薬(ジスロマック)の作用期間中に歯周ポケット内の機械的清掃を行うことで良好な結果が期待できます。
ジスロマックを併用して1口腔を1回で機械的清掃を行うと、大量の細菌性抗原が体内に入ることによる過敏反応として発熱が生じた報告があります。ジスロマックを3日間服用していただくと、作用期間が1週間あります。当院ではジスロマック服用後3日目、4日目と2日に分けて歯周ポケットの機械的清掃を行っております。
歯周病は感染症です。
一度抗菌薬で歯周病菌をたたいても再度感染する可能性があります。
水平感染、垂直感染等、家族単位でのコントロールが必要になってくる場合も少なくありません。
当院では抗菌療法により非常に良い結果を確認しております。
また、外科的処置(再生療法)を行う場合口腔内の環境を整える必要があり、抗菌療法は必須と考えております。
歯周病でお悩みの方は是非相談にいらして下さい。