プラークと虫歯

 

こんにちは!

目黒駅前にある石本歯科クリニックの石田です。

 

今日は知っているようで知らないプラークについてと

プラークと虫歯のつながりについて

お話したいと思います(^^)/

 

 

プラークという言葉をテレビや歯医者さんで耳にすることがありますよね。

そもそもプラークとはなんでしょう??

なぜ歯にプラークがついていると良くないのでしょうか??

 

 

プラークとは歯の表面についた白っぽい付着物のことを指します。

プラークは歯ブラシで取ることができる細菌の塊です。

細菌の塊と言っても少し着いていたくらい平気だろうと思うかもしれませんが、

プラーク1mgあたり約10億個もの細菌が存在していて

その種類は500~1000種類程度と言われています。

プラーク1mgとはつまようじの先につくくらいの量です。

プラーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その約1000種類の細菌たちがチームとなってプラークを構成しているのです。

少しのプラークでこんなにもたくさんの細菌が潜んでいると思うとびっくりですよね・・・

 

では、その細菌たちはどこからやってくるのでしょうか?

 

 

実はその約1000種類の細菌は

もともと私たちの口の中に生息している常在菌なのです!!!

 

虫歯菌は親から子に口移しで伝染すると言われることがありますが、

それは虫歯菌だけではありません。

すべての常在菌は両親をはじめとする近しい人々やペットから伝染します。

私たちは常在菌を排除して生きることはできません。

受け取った常在菌をいかに虫歯の原因にならないように

コントロールするかが重要なのです!!!

 

虫歯が起こるときは何らかの原因で約1000種類の細菌のバランスが崩れて

虫歯に特化した細菌が増えて虫歯になるリスクが高くなったり虫歯を進行させたりします。

なので『どうやって細菌のバランスをできるだけ崩さないようにするか』

『バランスが崩れた時にいかに短時間で元のバランスに戻すか』が大切です!

 

 

ではどんなときに細菌のバランスが崩れやすいのでしょうか?

 

やはりそれは糖が口の中にあるときです。

虫歯菌は糖を餌にして歯を溶かすために酸に変化します。

糖を餌にするプラーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの虫歯菌が酸に変わっていくとどんどん虫歯になるリスクが高くなります。

 

だから甘いものは虫歯になりやすいと言われているんです(>_<)

 

特に飴やキャラメルなどは口の中に残ってる時間が長いですよね。

虫歯菌の餌になりそうなものを口にしたときは

出来るだけ早めに口の中から糖を減らすことが大事です。

 

『プラークが酸性であり続けないようにアプローチをする』

これが一番大事です。

 

虫歯の初期段階で食い止める方法の1つは

プラーク内の酸性環境が持続しないようにすることです。

1日に三度の食事で一時的に酸性環境になることは避けられませんが、

間食の回数を減らして酸性環境になる回数を減らしたり、

食後のブラッシングなどで虫歯の予防は可能です!!

 

虫歯になる理由がわかると

予防法も明確になってきますね!!

 

虫歯で歯を失うことがないよう

日々の習慣を気を付けてみましょう(^_^)

歯列の正常な形態を維持しましょう!

こんにちは!

最近口腔内を見ていると舌が本来ある場所に置けてない方が増えてきています。

舌や口唇の正しい位置が安定してないと、舌が前歯を押してしまい前歯が前に倒れてしまったり

口唇が常にあいた状態になってしまい開咬になってしまったり、それにより口呼吸しやすくなったり

食事が食べにくかったり、滑舌が悪くなってしまったり・・・

矯正をしたのに歯が動いてきてしまった・・・なんて事が起こってしまいます。

 

歯の外側には口唇や頬があり、内側には舌があります。

これらの筋肉があることで内側と外側から力がかかり、歯は綺麗なアーチを保っているのです。

 

舌の位置を正しい位置に戻すためにMFTというのがあります。

MFT口腔筋機能の改善のための訓練であり、よくみる美容でのお口の体操ではありません!

口唇や舌の位置を本来ある正しい位置に戻し、筋圧のバランスを整えることで歯列の正常な形態を維持する環境づくり目的としています!!

 

EPSON MFP imageEPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右側の画像ですが、上顎の前歯のすぐ後ろのところに赤い点があると思います。

口唇は自然に閉じ鼻で息をしているリラックスしている状態の時、ここに舌の先端が少し当たっている状態が舌の正しい位置になります。

ここに常に置いておく事を意識しましょう!

※食事以外で基本的には上下の歯は接触しない状態が望ましい。

ここに置いていない場合は、正常なポジションにいないということになります。

しゃべりづらかったり、滑舌が悪かったりなど思い当たることはないですか??

 

 

<正しく食べる習慣を>

実は食事の時の姿勢も関係があるんです。

食事の時も口呼吸してたり、猫背で食べてしまったり・・・

3.13.2

 

 

 

 

 

 

 

猫背だと首が前に出てしまい食べ物を大臼歯(奥歯)に運びにくいため小臼歯(犬歯の奥の小さい歯)で噛んでしまいます。

これを前方咀嚼というのですが、前方咀嚼を行っていると食べ物が口からこぼれないように口唇を前に突き出すように強くすぼめる傾向にある為、不適切な筋肉の機能を引き起こしてしまう可能性があるのです。

毎回このように不適切な力を舌にかけることにより舌の悪い癖となってしまうのです。

 

そして大臼歯に食べ物が行かないと食べ物がすりつぶせないため中々飲みこむことができなくなります。

口呼吸もある場合、息が続かなくなり食事中でも口を開けて食べてしまうためクチャクチャ食べになります。

 

先程も言いましたが、口呼吸は開咬の原因や口腔内乾燥により口腔内の環境を悪化させてしまいます

鼻で呼吸する感覚を養うためにも、まずは食事中飲みこむまで口を開けないというところから始めていくといいかもしれません(^^)

 

就寝中も無意識のうちに口呼吸になって、朝お口の中が乾燥していることなどある場合は、

口唇に縦にテープを二枚貼って寝ると鼻で呼吸しやすくなると院長先生が言ってました!

すぐできる事なので実践してみてはいかがでしょうか?

 

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

 

 

MFTにはいろいろな訓練があります。

舌が下の歯に当たってしまっている・・・位置が安定してない・・・舌が上下の歯の間に出てしまう・・・など何か当てはまることがありましたら

ぜひ一度相談しに来てください!

口腔乾燥はなぜ起こるの?

 

人と話すとき話しづらかったり食べ物が飲みこみにくかったり

口臭が気になるようになったり・・・

そんな経験はありませんか?

それは、唾液が減ってしまっているためにおこります!!

 

口が乾いてしまう原因>

1、ストレスがかかると交感神経が優位になります。それにより唾液の出る量が減りかつ水分の少ない粘り気の強い唾液が出ることで口の渇き<口渇>になってしまいます。

2、年齢により女性ホルモンが低下することで口腔乾燥が出ると言われています。(自律神経の乱れ)

3、常に服用している薬の副作用だったり、糖尿病や甲状腺疾患、腎疾患や脂質異常症などの代謝性疾患、脱水として口渇が引き起こされます。

4、唾液腺の損傷(シェーグレン症候群や唾液腺に近い部位の放射線治療、唾液腺腫瘍や唾石症など)

このように様々なことが原因で引き起こります。

 

<唾液の分泌を促す方法>

1)生活習慣を規則正しく!

自律神経のバランスを整えることで交感神経と副交感神経がバランスよく働くため唾液量アップが期待できます!睡眠時間や食事の時間が不規則になると負荷がかかりバランスが乱れてしまうのです。

2)よく噛んで食べる!

あまり噛まないで飲み物で流し込んでしまう方は、しっかり噛むことで刺激されてより唾液がたくさんでますよ~

3)飲み物に注意!

お酒やカフェインのたくさん入ったコーヒーや紅茶、緑茶などは利尿作用があるため、尿をだしやすくします。

尿によって体の水分が減ると、唾液の作られる量が減ってしまうのです(>_<)

→特にカフェインが多いのは、玉露やコーヒー、栄養ドリンクやコーラです。控えめにしていきましょう♪

お水を飲むようにするといいですね(^^)

4)環境づくり!

加湿器をつけるようにしたり、鼻の疾患で口呼吸がある方はマスクをして寝るのもいいと思います♪

5)唾液腺マッサージ!

EPSON MFP image唾液は主に①耳下腺②顎下腺③舌下腺の三大唾液腺で作られます!

唾液線は筋肉のように使わないと衰えてしまうため、唾液の分泌機能が低下してしまうのです・・・

直接マッサージをして刺激すると唾液が出やすくなります!

特に食事の前に行うと効果的ですよ♪

 

EPSON MFP image

 

①耳下腺のマッサージ

耳の手前の頬に人差し指から小指まで置いて優しく円を描くように動かしましょう♪

耳の下あたりも刺激するととても良いですよ!

②③顎下腺、舌下腺のマッサージ

舌の下の顎のくぼみや横の顎の骨の内側を親指で優しく押し上げるような感じで動かしてください♪

 

①~③を適当に繰り返し、だいたい2~3分やると効果的です。

マッサージを行ってから食事をすると刺激されてより唾液が出やすくなりますので、悩んでいる方は簡単にできますのでぜひやってみてくださいね(^O^)

インプラント周囲病変

天然歯の歯周組織に起こる歯肉炎や歯周病はみなさん一度は聞いたことがあると思います。

しかし、インプラントに起こる“インプラント周囲病変はどうでしょうか?

1、インプラント周囲粘膜炎・・・炎症は周囲粘膜のみで骨に異常なはく、歯肉に赤みや腫れがみられます

2、インプラント周囲炎・・・骨にまで炎症は波及しています。歯肉に赤みや腫れに加えて膿がみられることが多いです

インプラントだからもう大丈夫だといって口腔内の清掃を疎かにしてしまうと、インプラントの周りにも炎症がおきてしまいます。

 

今回は天然歯とインプラントを埋めた歯の歯周組織の違いと症状についてお話ししたいと思います。

歯周組織の違い

 

炎症

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<症状>

・インプラント周囲粘膜の発赤

・歯肉の腫れ

・痛みや出血

・膿が出る

・歯肉の退縮

・インプラントの脱落

 

インプラント周囲炎が起きているということは、歯周病原細菌が増殖しているということです!!!

なのでほかの歯への炎症も起こりやすくなります。

その他に、増殖した歯周病原菌は歯茎の血管を通じて血液中や、唾液に混ざり体の中へ流れ込むことで、糖尿病や心臓病、呼吸器系の病気や動脈硬化など様々な全身疾患への悪影響を及ぼします。

 

ではなぜインプラント周囲病変が起こるのでしょうか・・・。

EPSON MFP image一番の原因は口腔衛生環境の不良です!

毎日のケア(歯磨きやフロス、歯間ブラシを使った清掃)が不十分であるために、インプラントまわりにプラーク(歯垢)が停滞してしまうと歯周病原菌が増殖し骨にまで炎症がおきてしまいます。

最悪の事態を防ぐために毎日のケアを意識して行ったり、定期検診やクリーニングで定期的にお口の中を診せてください!

 

下のグラフは口腔清掃が出来ている人と出来ていない人を比べた骨の喪失量のグラフなのですが、

口腔衛生が悪い人だと良い人に比べて、平均0.4㎜も骨の喪失量が多いことは明らかなのです。

骨が少なくなるということはインプラントを支える支持骨がインプラントを支えられなくなっていきます。

インプラントの脱落までいってしまうと大変です・・・

早めに気づけば対処できますので、長い間歯医者にかかってない方は一度行った方がいいですよ!

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の原因では、補綴物の形態や歯周病の既往歴、喫煙などもインプラント周囲病変を発症させるリスクファクターとなります。

これらは歯周病とも深い関わりがあるので、ぜひ一度生活習慣を見直してみて下さい!

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

硬い物など噛みすぎていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

「よく噛みましょう」「脳を活性化してボケ防止になる」など耳にしたことがあると思います。

マスメディアでもよく言われていますよね。

噛むことによって唾液の分泌を良くしたり消化を良くしたりとメリットはあるのですが、噛むことは悪い事ではないのですが最近みなさん噛みすぎてしまっています!!

子供の頃「硬い物を噛んで顎を発達させましょう」と言われたかもしれません。

柔らかい物ばかり食べるのと硬い物を食べるのでは顎の丈夫さなどが違ってくるので成長期の間は硬い物を食べても大丈夫なのですが、大人になってから好んで硬い物を食べるのはトラブルの原因になることがあります。

例えば硬い物とは、スルメやフランスパンなど噛み切るのが大変な食べ物のことを言います。

 

どうして硬い物を食べるのは良くなのか

硬い物をたくさん噛んでしまうということは顎を筋トレしてるのと同じことなのです。

筋トレしてしまった顎でくいしばるのと筋トレしていない顎でくいしばるのではどちらが歯にダメージを与えてしまうでしょうか?

筋トレしてしまった顎でくいしばった方が強い力がかかってしまいますよね。

なので、硬い物はなるべく避けて顎の筋肉がつきすぎるのを防いであげることが大切になってきます。

 

また、当院では「ガムは絶対にダメ!!」とお話ししています。

ガムは硬い物ではないのですが、長時間クチャクチャ噛むことによって顎が鍛えられてしまうのです。

 

以前「歯が痛む原因は虫歯ではなくくいしばり等が原因の可能性もある」というお話をこのブログでさせて頂きましたが、当院に通われている患者さんも痛みの原因が虫歯ではなく、くいしばりが原因の方が多いのが現状です。

 

 くいしばりが原因で起こる症状

・歯肉が下がり歯の根元が露出することにより知覚過敏が起こる

・歯の周りにある歯根膜という膜が炎症を起こし、噛むと痛くなる

・強い力がかかることによってセラミックの詰め物や被せ物が割れる

・自分の歯自体が強い力によってかけてしまったり、ヒビが入ってしまう

・噛む力が集中してしまうとそこに骨のこぶである骨隆起ができる

・歯がグラグラしてきて歯周病に発展してしまう

・顎関節症なりやすい

・肩こりや偏頭痛になる

その他にも歯に強い力がかかってしまうと様々なトラブルが起きてしまいます。

 

顎が鍛えられるということは顎が張って顔も大きくなってしまうので、例えば右ばかりで噛んでいるとすると右の顎が左より鍛えられてしまっているので右側の輪郭が大きくなってきます。

よく噛んでる側の目が垂れて小さくなり、ほうれい線も深くなってくるのです。

みなさん鏡で自分顔を見てみて下さい。

どちらかの顎が張っていたり目の大きさやほうれい線の深さが左右違っていたりしませんか?

噛みすぎを気を付ければ歯へのダメージも防ぐことができ、顎の張りもなくなってくるのでシャープなお顔になりますよ(^^)

 

日中歯と歯を合わせないだけでも歯と顎を休ませてあげることができます。

永久歯に生え変わりずっと使い続けている歯なので硬い物を噛む、くいしばりなどを気を付けてみて下さいね。

 

舌癖 MFT

「舌癖」という言葉を聞いたことはありますか?

舌癖とは字の通り、「舌」の悪い「癖」のことを言います。

■舌癖とは?

舌癖とは舌を常に歯に押し当てているような癖のことを言います。

上下の前歯の間に舌を挟んだり、舌で歯を内側から押すような癖のことです。

■舌の正しい位置は?

本来舌の正しい位置は、舌の先が上の前歯の付け根辺りにあるスポットと呼ばれる丸いふくらみの少し後ろを触った状態で、舌全体が上顎にくっついている状態です。

この時、舌は歯に触れていません!

舌癖があると、舌全体が本来あるべき位置よりも下に下がり、上の歯と下の歯の間辺りを押してしまうようになります。このような癖があると、物を飲み込むときに舌で前歯を強く押してしまいます。

舌癖がなければ、物を飲み込むときも舌はスポットについたままの状態になります。

■舌癖の原因は?

・口をポカンとあける癖がある(口を開けているため舌が舌に下がってしまう)

・口呼吸(口を開けて息をするため舌が舌に下がってしまう)

 鼻の病気(アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎・蓄膿症など)

 のどの病気(扁桃肥大・アデノイドなど)

・舌の裏のすじが短い(舌小帯が短い)

・指しゃぶりをする時期が長い

などが考えられます。

■舌癖があるとどうなる?

舌癖があると、いつも舌で歯を押してしまっているので、歯並びに非常に大きな影響を及ぼします。舌で歯を動かしてしまうのです。そのため、

・上下の出っ歯(上下顎前突)

・上の歯の出っ歯(上顎前突)

・受け口(下顎前突)

・噛み合わせても前歯に隙間が開く(開口・オープンバイト)

・隙っ歯

などのような歯列不正を引き起こしてしまいます。

また、話をする時も舌の癖により舌足らずな発音になることもあります。

食事のときにクチャクチャ音を立ててしまうのも、舌癖によって起こされているもののひとつです。

さらに、舌で歯を動かしてしまう為、歯列矯正が上手くいかない、矯正を終えてもまた後戻りしてしまうなど、矯正治療にも大きな悪影響を与えてしまいます。

■舌癖を直すには?

舌癖を直すには、舌の筋肉や口の周りの筋肉を鍛えて、舌を本来あるべき位置に戻してあげることが必要です。

その為に行うトレーニングをmftと言います。

■mftとは

 mft(oral myofunctional therapy)とは、口の周りの筋肉や舌の筋肉を鍛える口腔筋機能療法のことを言います。

口の周りの筋肉が弱く、筋肉のバランスが悪いと舌癖がでてしまい、上に述べたような様々な問題が引き起こされてしまいます。

そんなバランスが崩れた唇・頬・舌などの口腔顔面筋をトレーニングして、筋肉の不調和を整えていく療法です。

舌癖に少しでも心当たりがある方!

重大な問題が起こる前に、是非一度ご相談ください!

態癖とは?

なかなか聞きなれない言葉だと思います。

歯並びは外側に唇(口輪筋)頬の肉(頬筋)があって、内側に舌(舌筋 )があり、外側の力と内側の力の中立の場所に歯は並びます。

言葉を変えていえば舌と同じ形に並ぶということなので、歯並びが悪くなるはずはないのです。

なのにみなさん矯正をしたり歯並びが悪くなってしまう方が多いですよね?

それは一体なぜなのでしょう。

 

日常の生活習慣の中で無意識に行っている癖(頬杖・唇や舌の癖・寝癖)このささいな習癖が長期に及ぶことにより、歯が移動して歯列やかみ合わせが崩れてしまいます。
咬み合わせが悪いことで、顎関節症や全身の姿勢にまで影響を及ぼしてしまうことがあります。
このような癖を態癖といいます。

 

たとえばこのような癖に思い当たる方はいませんか?

・うつ伏せ寝、頬杖

→外側から力がかかることによって、歯が内側に入り込んでしまいます。

・下唇を咬む癖

→下唇を咬むと下唇の力が下前歯にかかってしまうので、下前歯が内側に入ってしまい出っ歯のような状態になってしまいます。

・唇を引き締める癖

→唇を引き締める癖の為、前歯が舌側に倒れこんで咬み合わせが深くなっています。

 

 

態癖を行わないだけで自然と歯並びが回復するケースもあります。

噛み合わせ悪くなることによって、全身の症状や不定愁訴が多くなることが予想されています。
それらを予防するためにも態癖を止め、本来持っている歯列・歯並びを変化させないようにしていくことが大切です。

当院でも態癖についてのお話をさせていただいておりますので、

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

歯が痛む原因は虫歯じゃない?!

歯がうずくように痛くなったり、冷たいものがしみるようになった…これって虫歯?!

実は歯が痛くなる原因は虫歯以外にんもあるんです!

それは、くいしばりや歯と歯をずっと当てた状態、歯を酷使しているとおこります。

集中しているときに歯を合わせた状態になっていたり、仕事中にくいしばっていたりしませんか?

正常な状態だと、唇を閉じていても、上の歯と下の歯は数ミリ空いた状態になっています。(これを安静空隙と言います。)

「くいしばり」の自覚のある方は、普段から意識してこの状態を保つようにしましょう。オススメの方法は、PCや机上等普段ご自身が目のつく辺りに「かみしめない」「歯と歯をあわせない」等と書いた紙をおいて意識的に歯を合わせない状態、歯を休ませる時間を作りましょう(*^_^*)

 

 

「くいしばり」を起こしている状態はどの程度の力が歯に加わっているかご存知ですか?

 

 

なんと!! 自分の体重と同じくらいの力が歯にかかっているのです!

その状態が長時間続けば、歯が割れたり、すり減ってきたり、歯を支える周辺の組織が炎症を起こすのも納得ですね。

その状態を避けるためにも、起きている時間帯は歯を合わせないようにしましょう。

そして無自覚の睡眠時は以前ご紹介したアムステルダム等のマウスピースを使っていきましょうq(^V^)p

さらに!当院で指導する「咬筋マッサージ」を行えばさらに効果的!(^^)v

是非ぜひ来院をお待ちしています(^O^)

歯科で行うアンチエイジング~アスタキサンチン~

こんにちは

本田です(*^_^*)

 

 

今回は『歯科で行うアンチエイジング』と題しまして

アスタキサンチンについてお話したいと思います。

 

 

突然ですがみなさん!

活性酸素』 『抗酸化力という言葉をしっていますか?

 

活性酸素・・・酸素がほんのちょっと変化してできるもの。、

体内の細胞や組織などを酸化して、いわゆる 鉄サビのように変えてしまう

老化の原因とも言われている。

 

抗酸化力…肌老化や身体の老化をもたらす活性酸素。

その体内で発生した活性酸素による酸化を防ぐ力のこと。

 

とありますが、

そもそも、なにが原因で活性酸素が発生するのでしょうか?(^^♪

 

活性酸素は酸素がほんのちょっと変化したもので、絶えず身体の中で作られています。

活性酸素の原因になるといわれているのは、紫外線やストレス、 喫煙、排ガスなどさまざま。

日常生活の中で  なかなか避けられないものですよね(:_;)

 

これが蓄積されると、単に老化を早めるだけでなく、がん細胞が増殖したり、

動脈硬化を引き起こすなど、様々な疾病の原因になっていることが分かっています。

 

活性酸素って怖いですよね(>_<)

 

そこで大事になってくるのが抗酸化力なのです!!

抗酸化力の高い人ほど肌もきれいで病気にかかりにくいといわれています。
活性酸素の酸化を防ぎ生活習慣病予防につながります。

 

しかし、本来備わっている抗酸化力は、加齢とともに減少してしまいます。

つまり健康な体を維持するためには、積極的に抗酸化成分を取り入れることが

重要になるのです

そこで、おすすめしたいのがこちら!

アスタキサンチンです

高い抗酸化力をもったサプリメントで

いろいろな患者様から

『目が疲れにくくなったよ。』

など好評をいただいております。

質問等、ございましたら

お気軽にスタッフまでお尋ねください。

次回は、アスタキサンチンについて

詳しくお話したいと思います(*^_^*)

以上、本田でした~☆☆☆