無呼吸症候群治療とボトックス

 

近年美容外科や歯科で使われるボツリヌストキシン!!

なんとなくボトックスという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

美容ではシワを目立たなくさせる処置として使われています。

歯科では顎関節症やくいしばりの治療として使われ、症状の緩和にとても有効です。

ボトックスの活用はいろいろな広がりを見せています。

 

 

第16回 日本睡眠歯科学会学術集会 米国睡眠歯科学会議では、閉塞性睡眠時無呼吸症候群治療において口腔内装置により発症、悪化した有害事象にもボトックスが有効であると発表されています。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療中の方にもボツリヌス療法の併用が必要な場合があるということです。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療として用いる口腔内装置は下顎を前方位に保持する歯科装置で、この装置を毎晩睡眠時に繰り返して装着します。

装着を続けていると口腔内装置の破損、咬合不全、顎関節症等の様々な有害事象を発症し、継続装着できない患者さんが近年増加しています。

その咬合不全や顎関節症は咀嚼筋の過活動(歯ぎしりやくいしばり)が誘発していると考えられ、咀嚼筋の過活動を抑制するのに有効なのがボツリヌストキシンです。

 

睡眠時無呼吸症候群の口腔装置は顎を固定する形状になっています。顎関節症の面でいうと下顎を固定させてしまうマウスピースは症状を発症、悪化させることがあり、歯ぎしりなどで顎が動こうとしても自由に動けず咀嚼筋を緊張させてしまうと考えられます。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療では必要な口腔内装置ですが、顎関節症などのリスクもあるということです。

口腔内装置の装着で有害事象がみられた場合、ボツリヌストキシンの咬筋投与はとても有効で、さらに肩こり、頭痛、知覚過敏、ブラキシズム等にも有益で患者さんのQOLの向上に期待がもてます。

ボトックス治療に関するお問い合わせお気軽にどうぞ。

 

ボトックス(ボツリヌストキシン)治療

最近歯をダメにしてしまう原因が虫歯や歯周病より最も多いのが食いしばり!

食いしばりや歯ぎしりによって顎の筋力が鍛えられてしまい、噛んだ時に歯への負担が大きくなってしまいます。

そのせいで歯が力に耐えきれなくなり歯の根っこにヒビが入ったりしてしまいます。

マウスピースを入れたり硬い物を食べないようにしてもらったり日中の食いしばりを気を付けてもらったり・・・

食いしばりを防ぐために様々なことをしていますが、どうしても防ぎきれないのが現状です。

症状がひどい場合は、肩こりや頭痛などの症状も出てきてしまいます。

そこで今回お話させていただくのがこのボトックス治療です。

 

●ボトックス(ボツリヌストキシン)とは

ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種を過度に緊張している筋肉に注射することで、一時的に緊張をほぐす治療法です。

美容業界ではシワを改善したり小顔治療として知られていますが、筋肉の緊張をほぐすということで歯ぎしり・食いしばり・顎間節症・ガミースマイルなどにも使用されます。

噛む時に使う筋肉(顎付近にある筋肉)にボトックスを注入することで緊張していた筋肉をほぐしてあげることができ、噛んだ時に歯への負担が軽減されます。

 

当院では『ニューロノックス』というものを使用しています。

ニューロノックスは韓国製のボトックスでKFDA(韓国食品医薬品安全庁)で認可され、安全性や品質が保証されている製剤です。

・治療時間は30分程度

・注入後は3、4日で効果が表れ、1、2週間で効果が安定すると言われています。

個人差はありますが効果は3ヶ月~6ヶ月です。

・アレルギーや副作用はありませんが、治療後数日は重たい感覚が残る場合があります。

 

※歯科・美容領域で使用されるボツリヌスタンパクは完全無毒化されているため、人体への影響はありませんのでご安心下さい。

 

ボトックス治療をすることで歯を守ることができ、さらに顎の筋肉が減るので小顔効果も期待できますよ(^^)

さらに食いしばりによって起きていた頭痛や肩こりも改善されるかもしれません。

ご興味のある方はお気軽にご相談ください。