マウスガードについて2

今日は、前回お話したマウスガードの中から、オススメのアムステルダムスプリントと前歯部型スプリントについてご説明します!

 

≪アムステルダム型スプリント≫

アムステルダム型スプリントは、寝ている間の歯ぎしり・くいしばりが強い場合や顎関節症の治療に使用します。

このアムステルダム型スプリントを装着した状態でカチンと噛むと、下の前歯だけがぶつかります!

前歯だけがぶつかり、上下の奥歯には隙間が空いた状態です。

そうすると、普段グイグイ噛みしめている奥歯を、噛みしめの負担から解放してあげることができます! さらに、強い噛みしめから解放されることで、沈み込んでいた奥歯がほんの少しではありますが起き上がってくるのです!

奥歯の噛み合わせが少し高くなるということです。

○噛み合わせが深い人(特に、前歯に被せ物の治療を行っている人)

○歯ぎしりやくいしばりが強い人

歯ぎしりやくいしばりの自覚症状がない人でも上記のような治療を行った方や、噛み合わせに何かしらの症状がある方にはオススメいています。

 

アムステルダム型スプリントの特徴

●クリアなピンク色(歯ぎしりやくいしばりをしているとこのピンク部分が削れてきます)

●かたい(プラスチックのようなかたさ)

●上の一番奥の歯にワイヤーで引っ掛けて着ける形(噛み合わせの面は覆わず、歯の裏側に装着するイメージ)

●上下の歯列の型採りが必要

●出来上がりには最低一週間必要

削れてきた部分については定期的なメンテナンスの時に一緒に持ってきていただければ、一緒にスプリントのメンテナンスもさせて頂きます!

 

≪前歯部スプリント≫

前歯部スプリントは上前歯の犬歯から犬歯の間にはめて着けるタイプのスプリントになります。

こちらは、歯型の型採り等はせずにチェアサイドで簡単につくることが出来ます。前歯部型はアムステルダムとほぼ同じ効果が得られます。アムステルダムを使用する前に「スプリントを試してみたい!」「夜寝ている間にはめておけるか心配…」等のお考えをお持ちの方にオススメです。

(ただし前歯に何かしらの症状(前歯が揺れている、排膿している等)をお持ちの方は前歯部型を使用するとダイレクトに力がかかる可能性がある為、どちらのスプリントの方が適しているかはこちら側で判断させて頂きます)

●薄いピンク色

●かたい(プラスチックのようなかたさ)

●上の前歯約6本分だけをまるごと覆う形

●型採りは必要ない

●当日治療時間内に出来上がる

 

ストレス社会である現代において、歯ぎしりやくいしばりをしている患者様は以前にまして多くなってきたように感じます。自分の健康な歯を守る為に、スプリントの使用は有効です。ぜひとも、自覚症状のある方、また顎や歯に何かしらの問題を抱えている方は一度来院してMYスプリントを作ってみてはいかがでしょうか?

 

そして、これが一番重要!!!w

アムステルダムの作成は保険治療です!!!

 

気軽にご相談ください(^V^)/

 

マウスガード

今日はマウスガードについてお話したいと思います。

みなさんマウスガードという言葉は聞いたことがあるという方が多いと思いますが、マウスガードと一言で言っても様々な用途、形のものがあります!

そこで当院で取り扱っているものについてご説明していきます。

 

≪マウスガードってなに?≫

マウスガードとは、顎と口の周りの筋肉の余分な緊張を取り、上の歯と下の歯の咬み合わせを良くする装置です。主に上の歯のみに装着します。(ホワイトニング用・矯正用のマウスピースは除く)

 

≪なぜマウスガードをするの?≫

歯列不正・咬み癖・ほおづえや寝癖などの悪い癖、就寝時の歯ぎしりやくいしばりなど様々な原因によって、下顎の位置や歯並びががずれてくることがあります。そのために顎の関節に負担がかかって痛みが出たり、一か所の歯にばかり負担がかかって痛みが出たりと、いろいろな症状を引き起こしてしまいます。
マウスガードは、そんなズレてしまった下顎の位置を、本来あるべき正しい位置に戻し、痛みなどの症状を緩和させるために用います。

 

≪マウスガードの種類≫

当院が治療のために使用するマウスガードは主に5種類あります。

●ソフトスプリント (やわらかい素材で歯列全部を覆うタイプ)

●ハードスプリント (かたい素材で歯列全部を覆うタイプ)

●アムステルダム型スプリント (上の二つとは違い噛み合わせの面は覆わず、奥歯にワイヤーでひっかけるタイプ)

●前歯部スプリント (前歯約2本分の範囲のみに装着するタイプ)

●ミニスプリント (左右どちらかの小臼歯部のみに装着するタイプ)

*これらとは別にホワイトニング用・矯正用・スポーツ用のマウスピースもあります。

 

単にマウスガードと言っても、その人それぞれ症状や状態によって必要となるマウスガードも異なります。

それぞれのマウスガードの特徴は、次回詳しくお話ししていきます!

お楽しみに♪

 

歯科衛生士 内堀

 

 

アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースPart☆4

皆さんこんにちは♪

以前から、ご紹介させていただいてるアンダーアーマー・マウスガード・マウスピースは

プロスポーツ選手の方が多く使用しており、装着することで食いしばりによる

顎関節への圧迫を防ぎ、人が本来持っている筋力・持久力・瞬発力などが十二分に

発揮できるようになるマウスガードなのです!

 

本日はQ&Aと、実際に使用している選手の感想をご用意いたしました!

 

【Q&A】

Q.アンダーアーマーと他のマウスピース/マウスガードはどう違うのですか?

A.通常のマウスウェア(マウスピース、マウスガード)は、歯の保護や衝撃からの

保護のため に使用されます。

アンダーアーマーは、アスリートのパフォーマンスをサポートするマウスウェアであり、

パフォーマンス向上に加えて衝撃保護の機能も有しています。
※UA・パフォーマンス・マウスガードには、衝撃保護機能はありません。

 

Q.UA・マウスピースとUA・マウスガードはどう使い分けたら良いですか?

A.ラグビー、アメリカンフットボール、アイスホッケーなど、衝撃保護機能を必要とする

コンタクト系スポーツには、UA・パフォーマンス・マウスガードかUA・マウスガート。

 

保護を必要としない、ランニング、ゴルフ、野球などには

UA・パフォーマンス・マウスピースをオススメいたします。

また、UA・パフォーマンス・マウスピースは、薄型設計で装着時の違和感が少ない為、

より快適な装着感を望まれる方にはオススメです。

※詳しくはアンダーアーマー・マウスガード・マウスピースpart2をご覧ください。

 

Q.オーダーしてからどのくらいの期間で届きますか?

A.歯に型をとってから、約4週間後で歯科医院に届きます。

 

 

【実際の声】

アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースを使用しているアスリートの実際の声です。

tanaka.jpg

田中史朗選手(パナソニック ワイルドナイツ/ラグビー日本代表)
「めっちゃいいっすよ。力が入るし、皆良いと感じてるんじゃないですかね。」

 

 

 

 

 

kurisu.jpg

 

クリス・マコーマック選手(トライアスロン)
「最初は全く怪しいと思っていたが、

装着した瞬間に分かった。素晴らしい。」

 

 

 

 

hannta.jpg

ハンター・メイハン選手(プロゴルフ)

「私の強さ・パワーと、ショットの正確性を高めてくれた」

 

 

 

 

 

yamada-001.jpg

山田章仁選手(パナソニック ワイルドナイツ/ラグビー)

「ステップのキレが違う。しかも、それをノーサイドまで

維持してくれる。」
 

 

 

 
news_513_1.jpg

皆川賢太郎選手(アルペンスキー)
「ゴールした瞬間、身体にいつものような張りがない。
これは次のレースへの秘密兵器だ。」

 

 

 

 

 

20080618110643.jpg

 

阿部慎之助選手(読売ジャイアンツ)
「違和感が無い。ぐっと力が入って
身体中のパワーがバットに伝わるのを感じる。」

 

 

 

 

 

このように多くの選手が効果を実感しているようです(^^)

さて、ここまで読んで下さった方有難うございます。

part4まであって長かったですね(笑)

 

アンダーアーマー、そして以前紹介させていただいたヒアルロン酸に関して

少しでも興味をもっていただけたら幸いです♪

 

受付にリーフレット等置いてありますので

詳しく知りたい方は是非ご覧になって下さい☆★

 

それでは失礼致します!

 

目黒駅前 歯医者 石本歯科クリニック

 

【アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースPart☆3】

皆さんこんにちは☆

さてさて、アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースですが

part3まで突入いたしました(・∀・)!!

今回は「なぜアンダーアーマーがスポーツを行う際に良いのか」です

人はトレーニングや試合の最中に無意識と歯を食いしばってしまいます。

その行為はストレスにさらされた時に起こる『攻撃・逃避反応』という、

交感神経による働きによるものなのです!

しかし、無意識による食いしばりは顎関節を圧迫し、身体に過度の緊張や不安感を与え、

ストレスや過労・注意力散漫・集中力の阻害などの原因となり、

運動の低下につながってしまいます・・・。

そこで【アンダーアーマー・マウスピース・マウスガード】の登場です★☆

アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースは、

歯を食いしばることによって起こる顎関節への圧迫を防ぐことにより、

身体をリラックスした状態に保つため、人間が本来持っている力を発揮できよう

導いてくれるのです!

 歯を食いしばることを抑えることが、自身のより優れたアスリートへと進化させていくんですね!

また、このマウスガードは生体親和性と安全性に配慮した素材が使用されているので

安心してお使いいただけます。

次回はいよいよアンダーアーマー最終回です!

それではまた♪

                                                 目黒駅前 歯医者 石本歯科クリニック

アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースPart☆2

皆さんこんにちは♪

 

アスリートはもちろん、日常的にスポーツを楽しみたいと考えている方、

健康なカラダをつくりたい方などにオススメする「アンダーアーマー・マウスガード・マウスピース」に

ついて引き続きご説明させて頂きます☆

 


【アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースのメリット】

『緊張』の緩和

身体をリラックスした状態を保つことで、人間本来が持っている筋力や持久力に瞬発力、

そして柔軟性を十二分に発揮させることができます!

 

『酸素の吸入量』の向上

顎関節への圧迫を防ぐことにより、口を閉じた場合に比べ通気量がアップし、

酸素の摂取量も増加します!

 

 

【アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースの3つのコレクション】

uapmp_logo.jpg

 
アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスピース(UAPMP)
UA_PMP_wht.jpg コンタクトスポーツ(接触が多いスポーツ用)である

UAPMPは、ハードなトレーニングや高いレベルでの

プレーに挑戦するときにパフォーマンスの向上をもたらし、健康的な身体をつくるために、多くのメリットを提供します。

また、フィット感・着け心地の良さも体験できます。

対象スポーツ

ゴルフ、野球、サッカー、ランニング、サイクリング、水泳、

ヨガ、ピラティス、テニス、バスケットボール、体操、バレーボール、ソフトボール、ウェイトリフティング、ハンドボール、

スケート、サーフィン等。

 

uapmp_logo.jpg

アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスガード(UAPMG)

パフォーマンス・マウスピースにおけるメリットに加え、

高い保護機能も提供します。UA_PMG_wht.jpg

対象スポーツ

アメリカン・フットボール、アイスホッケー、ボクシング、

空手、スキー、スノーボード、ラクロス、ラグビー、

テコンドー、ムエタイ等。

 

 

uamg_logo.jpg

 

 

MG_onWHT.jpgアンダーアーマー・マウスガード(UAMG)

コンタクトスポーツ用マウスガードであるUAMGは

シンプルな設計による高いパフォーマンスで、

保護力と、着け心地の良さを提供します。

対象スポーツ

アメリカン・フットボール、アイスホッケー、ボクシング、

空手、柔道、剣道、レスリング、スキー、スノーボード、

ラクロス、ラグビー、テコンドー、ムエタイなど。

 

スポーツによって使用するマウスガードが違うんですよ(・∀・)☆

 

【治療内容】

ご希望のタイプが決まったら、次の3つのステップでご購入いただけます♪

 

1、歯型をとります。

DSCN1117.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

2、医院から、1でとった歯の模型を送り、専用のアンダーアーマー・マウスガード・マウスピースを

作製していただきます。

 

3、約4週間後に出来上がってくるので、お口の中に装着して終了です☆

2011-12-09 16.16.49.jpg

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

本日のご説明はここまでです。

次週もアンダーアーマーについてご説明いたします!

まだまだ続きがありますよー(笑)

それでは☆★

 

 

目黒駅前 歯医者 石本歯科クリニック

 

アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースPart☆1

 

【真の力を解き放つ鍵、それは「顎」にある】

カッコイイ見出しから入ってしまいました(笑)

皆さんこんにちは♪

前回のヒアルロン酸に引き続き、今回はスポーツ愛好家・アスリートの方が多く使用している

【アンダーアーマー・マウスガード・マウスピース】についてご説明したいと思います☆

 

アンダーアーマーのサムネール画像のサムネール画像
ua_logo.jpgのサムネール画像人類は、昔から「食べ物以外の物を噛む」ことを行なってきました。

古代ギリシャのスポーツ競技者・ローマの帝国の戦士は

競技中、あるいは戦闘中に革の紐を噛み、戦いに臨んでました。

つまり、「革を噛む」という行為に何らかの効果や機能があることをそれらの経験から

知っていたのです(・∀・)!

 

人間の身体に備わっている本来の力は、「歯を」食いしばるという自然な整理反応により

抑制されてしまいます。

しかし、歯にフィットする安全設計のアンダーアーマー・マウスガード・マウスピースを装着すれば

身体の中に潜んでいる本来の力が解き放たれ、ゴルフ・野球・サッカー・テニス・バレーなど

あらゆるスポーツでより強く、より早く、そしてより良いパフォーマンスが発揮できるようになるのです!!

 

asagf.jpg

 

アスリートの方はもちろん、健康なカラダを作りたい人、スポーツを楽しみたい人、

全ての人々にパフォーマンス・ソリューションを提供いたします。

 

次回は、アンダーアーマーの種類について、ご説明して頂きます!

乞うご期待☆

 

                                   目黒駅前 歯医者 石本歯科クリニック