【アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースPart☆3】

皆さんこんにちは☆

さてさて、アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースですが

part3まで突入いたしました(・∀・)!!

今回は「なぜアンダーアーマーがスポーツを行う際に良いのか」です

人はトレーニングや試合の最中に無意識と歯を食いしばってしまいます。

その行為はストレスにさらされた時に起こる『攻撃・逃避反応』という、

交感神経による働きによるものなのです!

しかし、無意識による食いしばりは顎関節を圧迫し、身体に過度の緊張や不安感を与え、

ストレスや過労・注意力散漫・集中力の阻害などの原因となり、

運動の低下につながってしまいます・・・。

そこで【アンダーアーマー・マウスピース・マウスガード】の登場です★☆

アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースは、

歯を食いしばることによって起こる顎関節への圧迫を防ぐことにより、

身体をリラックスした状態に保つため、人間が本来持っている力を発揮できよう

導いてくれるのです!

 歯を食いしばることを抑えることが、自身のより優れたアスリートへと進化させていくんですね!

また、このマウスガードは生体親和性と安全性に配慮した素材が使用されているので

安心してお使いいただけます。

次回はいよいよアンダーアーマー最終回です!

それではまた♪

                                                 目黒駅前 歯医者 石本歯科クリニック

アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースPart☆2

皆さんこんにちは♪

 

アスリートはもちろん、日常的にスポーツを楽しみたいと考えている方、

健康なカラダをつくりたい方などにオススメする「アンダーアーマー・マウスガード・マウスピース」に

ついて引き続きご説明させて頂きます☆

 


【アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースのメリット】

『緊張』の緩和

身体をリラックスした状態を保つことで、人間本来が持っている筋力や持久力に瞬発力、

そして柔軟性を十二分に発揮させることができます!

 

『酸素の吸入量』の向上

顎関節への圧迫を防ぐことにより、口を閉じた場合に比べ通気量がアップし、

酸素の摂取量も増加します!

 

 

【アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースの3つのコレクション】

uapmp_logo.jpg

 
アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスピース(UAPMP)
UA_PMP_wht.jpg コンタクトスポーツ(接触が多いスポーツ用)である

UAPMPは、ハードなトレーニングや高いレベルでの

プレーに挑戦するときにパフォーマンスの向上をもたらし、健康的な身体をつくるために、多くのメリットを提供します。

また、フィット感・着け心地の良さも体験できます。

対象スポーツ

ゴルフ、野球、サッカー、ランニング、サイクリング、水泳、

ヨガ、ピラティス、テニス、バスケットボール、体操、バレーボール、ソフトボール、ウェイトリフティング、ハンドボール、

スケート、サーフィン等。

 

uapmp_logo.jpg

アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスガード(UAPMG)

パフォーマンス・マウスピースにおけるメリットに加え、

高い保護機能も提供します。UA_PMG_wht.jpg

対象スポーツ

アメリカン・フットボール、アイスホッケー、ボクシング、

空手、スキー、スノーボード、ラクロス、ラグビー、

テコンドー、ムエタイ等。

 

 

uamg_logo.jpg

 

 

MG_onWHT.jpgアンダーアーマー・マウスガード(UAMG)

コンタクトスポーツ用マウスガードであるUAMGは

シンプルな設計による高いパフォーマンスで、

保護力と、着け心地の良さを提供します。

対象スポーツ

アメリカン・フットボール、アイスホッケー、ボクシング、

空手、柔道、剣道、レスリング、スキー、スノーボード、

ラクロス、ラグビー、テコンドー、ムエタイなど。

 

スポーツによって使用するマウスガードが違うんですよ(・∀・)☆

 

【治療内容】

ご希望のタイプが決まったら、次の3つのステップでご購入いただけます♪

 

1、歯型をとります。

DSCN1117.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

2、医院から、1でとった歯の模型を送り、専用のアンダーアーマー・マウスガード・マウスピースを

作製していただきます。

 

3、約4週間後に出来上がってくるので、お口の中に装着して終了です☆

2011-12-09 16.16.49.jpg

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

本日のご説明はここまでです。

次週もアンダーアーマーについてご説明いたします!

まだまだ続きがありますよー(笑)

それでは☆★

 

 

目黒駅前 歯医者 石本歯科クリニック

 

アンダーアーマー・マウスガード・マウスピースPart☆1

 

【真の力を解き放つ鍵、それは「顎」にある】

カッコイイ見出しから入ってしまいました(笑)

皆さんこんにちは♪

前回のヒアルロン酸に引き続き、今回はスポーツ愛好家・アスリートの方が多く使用している

【アンダーアーマー・マウスガード・マウスピース】についてご説明したいと思います☆

 

アンダーアーマーのサムネール画像のサムネール画像
ua_logo.jpgのサムネール画像人類は、昔から「食べ物以外の物を噛む」ことを行なってきました。

古代ギリシャのスポーツ競技者・ローマの帝国の戦士は

競技中、あるいは戦闘中に革の紐を噛み、戦いに臨んでました。

つまり、「革を噛む」という行為に何らかの効果や機能があることをそれらの経験から

知っていたのです(・∀・)!

 

人間の身体に備わっている本来の力は、「歯を」食いしばるという自然な整理反応により

抑制されてしまいます。

しかし、歯にフィットする安全設計のアンダーアーマー・マウスガード・マウスピースを装着すれば

身体の中に潜んでいる本来の力が解き放たれ、ゴルフ・野球・サッカー・テニス・バレーなど

あらゆるスポーツでより強く、より早く、そしてより良いパフォーマンスが発揮できるようになるのです!!

 

asagf.jpg

 

アスリートの方はもちろん、健康なカラダを作りたい人、スポーツを楽しみたい人、

全ての人々にパフォーマンス・ソリューションを提供いたします。

 

次回は、アンダーアーマーの種類について、ご説明して頂きます!

乞うご期待☆

 

                                   目黒駅前 歯医者 石本歯科クリニック

 

 

 

 

食いしばりがOOに関係している!?

こんにちは宮里です♪

突然ですが皆さん!
「食いしばりや歯ぎしりは歯に大きな負担がかかってしまう」
ということはご存知ですよね?

では!
食いしばりや歯ぎしりが顎関節症に関係してるということはご存知でしたか?

顎関節症

 

顎関節症の症状は

・顎がカクカクする
・口が開かない
・口元のけだるさ
などといった症状があり、

 

 

 

顎関節症 原因

 

主な原因としては
・噛み合わせの不具合
・食いしばり歯ぎしり
・ストレス と考えられています。

 

 

 

 

治療法としては顎を正しく機能させる為、まず噛み合わせの調整をします!

噛み合わせというのはとても重要で,調整をしただけで顎だけではなく
「頭痛や肩こりも良くなった(^^)」

という患者さまも中にはいらっしゃるんですよ☆

また、スプリント療法というものがあり

睡眠時に、このようなマウスガードを装着していただきます

DSCN1144.JPG

 

 

 

 

 

 

その名は「アムステルダム型スプリント」
なんともカッコいい名前ですよね(・∀・)b!!

このマウスガードは
前歯しか当たらないように出来ており、奥歯で食いしばれないようになっています。
食いしばりや歯ぎしりを防止すると共に、顎と口の周りの筋肉の緊張もとってくれるのです☆
寝ている間に歯が当たらないと、

食いしばり生活習慣などで傾いた歯が起き上がってくるというメリットがあるんですよ♪

マウスガードをつくるには、まずお口全体の型をとります

DSCN1117.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~2週間後~

個人の歯の形に合わせたマウスガードが完成してきますので

夜、寝るときのみ上の歯に装着していただきます。

 

 

DSCN1149.JPG

 

 

 

 

 

 

今なら可愛いケース付きですよ♪
(スタッフの可愛い本田さんに持ってもらいました☆)

目黒駅前 石本歯科クリニック スタッフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マウスガード装着から約1~2週間後に使用後のチェックをさせていただきます。

個人によって
原因・症状・治療法が異なりますのでお悩みの方はご相談下さい(^^)☆

 

目黒駅前 スタッフ  宮里

2 / 212