マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した治療

Micro scope 歯科用手術用顕微鏡とは

当院では、より精度の高い歯科医療を提供するため、歯科用手術用顕微鏡”マイクロスコープをいち早く導入し、診査・診断から処置・予防まで、幅広く日々の臨床に活用しております。術前・術後や術中の様子を、動画によって詳しく説明することが可能なため、十分なインフォームドコンセントにも役立っております。
耳鼻咽喉科をはじめとして眼科、脳外科、形成外科など他領域では今や常識になったマイクロスコープですが、当院ではこのデンタルマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した治療を行っております。
マイクロスコープを使用すると肉眼でも拡大鏡でもまったく見ることができなかった根管の内部から歯周組織、歯の切削面など様々なお口の中の状態がまさに手に取るように確認することが出来ます。これにより精度の高い診断や治療を患者様にご提供する事が可能となりました。
また、ビデオモニターにて観察、記録ができますので患者様にもより納得して治療を受けて頂けます。

マイクロスコープ マイクロスコープモニター

 

石本歯科のマイクロスコープシステム

こちらが当院で実際に使用しているマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)カールツァイスオムニピコです。

カールツァイスオムニピコ カールツァイスオムニピコとモニター

診療室には2台カールツァイスオムニピコが設置されており、天井にはモニターが吊るされています。
接眼レンズ、アシスタントはモニターを見ながら治療を行います。

 

根管治療では1番細い根っこ(第三根管)を見つけることが困難でしたが、
マイクロスコープの使用により早期発見が可能になりました。
これはラバーダムを用いて唾液を防湿し、根管治療を行っているときの写真です。

モニターに映るラバーダム防湿

 

顕微鏡の画像は、単に拡大されるだけではありません。
顕微鏡で見た根破折
(拡大↓)
顕微鏡で見た根破折拡大
ご覧の通り、根の亀裂など肉眼では確認することが難しい細部も鮮明に観察することができます。
当院では、マイクロスコープを使用して診断や治療をより正確で精密に行い、患者様に安心して治療を受けて頂けるよう最善と尽くして治療をさせていただきます。

 

動画で見るマイクロスコープを使用した治療

当院では歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して治療をしております。

どのようにして治療を行っているのか興味のある方は是非ご覧下さい.

 

歯科用顕微鏡を使って虫歯の治療を行いました。

 

唾液が入らないようにシートをして、虫歯を除去しました。

 

金属の土台を除去し、ファイバーを用いてノンメタルの土台をたてました。

 

根管治療の様子です。

 

黒く映っているのが虫歯です。虫歯を除去し、治療しました。