フッ素の上限が変わりました!

 

こんにちは!

石本歯科クリニック衛生士の石田です。

 

今回は薬用歯磨剤に含まれるフッ素の濃度についてお話したいと思います(^_^)

 

今まで日本では薬局などで市販されている歯磨剤のフッ化物の濃度は1000ppm以下と定められていました。

 

しかし!!

2017年3月17日1500ppmを上限とする高濃度フッ化物を配合した薬用歯磨剤が厚生労働省から医薬部外品として承認されました。

 

500ppm上限が上がったことで歯磨剤使用後30分経った時の唾液中のフッ素濃度は従来の市販されていた950ppmに比べ約2倍です。

 

対象は基本的に15歳以上の虫歯のリスクが高い人です。

いままでに治療した歯が多い方や、だ液の量が少ないと感じる方(ドライマウス)、妊娠中の方などです。

虫歯のリスクが高くない方でも虫歯予防にとても有効です。

 

 

《年齢別フッ化物配合歯磨剤の使用量》

フッ化物配合歯磨剤の使用量

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15歳未満は基本的に1000ppmまでの歯磨剤を使用しますが、歯科医師の判断のもとでそれ以上の濃度の歯磨剤を使用するケースもあります。

 

1000ppmを超える高濃度フッ化物配合歯磨剤はフッ素濃度の記載が義務づけられていますので

購入の際はパッケージに書かれた数字を参考にしてみて下さい。

高濃度フッ化物配合歯磨剤のパッケージ
市販と歯医者でのフッ素濃度の上限は違います。

歯医者では9000ppmまで使用が承認されていて

石本歯科クリニックでは9000ppmの濃度のフッ素を使用しています。

市販の高濃度フッ化物配合歯磨剤よりはるかに高いですよね!

 

 

毎日のセルフケアももちろん大事ですが、

市販の高濃度フッ化物配合歯磨剤ではやはり限界があります・・・

定期的に歯医者でのメインテナンスを受けることでさらにフッ素の効果を

高めることができます。

 

 

最後に

正しい使用方法を確認しておきましょう!

 

高濃度フッ化物配合歯磨剤を歯ブラシにつける

歯磨剤を歯全体に広げる

歯を磨く

歯磨剤を吐き出す

5秒程度軽くうがいをする

歯磨き後1~2時間程度飲食を控える

 

使用後はあまりすすぎすぎないのがポイントです!

 

 

 

フッ素は世界的にもメジャーな虫歯予防法です。

効率よくフッ素を取り入れて虫歯になりづらい歯にしていきましょう(^^)

 

舌癖(ぜつへき)

●舌癖とは

突然ですが、舌癖という言葉を聞いたことありますか?
口腔内での舌の位置を意識したことありますか?

日常生活の中で、夢中になって本を読んだりてテレビを見ているときに、口をポカーンと開けて上下の歯の間に舌が出ていたり、飲み込む時に舌をつきだし、歯を押し出すような動きをしていないでしょうか?

これを『舌癖』といいます。

舌癖のある人は、いつも舌が口の中で低い位置や前方にあり、歯を押しています。そして、飲み込むきにさらに強い力で歯を押し出します。そのうえ唇や頬の筋肉が弱く、特にいつも口を開けている人は外側から歯をおさえる力がありません。

 

舌癖の画像 舌癖の画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは1日600回~2000回無意識に飲み込む動作(嚥下)をしています。舌癖のある人は、飲み込むたびに舌で歯を押していることになります。
そのため、出っ歯になったり、上下の歯が噛み合わなくなったり、歯と歯の間に隙間が開いたりすることがあります。

 

奥歯は噛んでいるのに前歯は噛み合わず、常に口が開いている状態のことを開口(オープンバイト)と言い、前歯でものを噛む事ができなくなります。前歯が噛み合わないことにより、噛み合わせが不安定になります。また、当たっている奥歯に対しての負担は大きくなり、詰め物が外れやすかったり、歯髄炎を起こす可能性があります。

噛み合わせが正常な場合、左右に顎を動かした時、前歯があたり、奥の上下の歯は離れ、奥歯に力はかかりません。

しかし、開口の場合、前歯が当たりがないので奥歯は噛み合ったまま離れず、歯ぎしりをしたときなど強い力がかかります。歯の摩耗や顎関節症の原因にもなります。

前歯が噛み合うことは奥歯を守る役割も果たしています。

 

また、話をする時には、その隙間に舌が入るため、サ行、タ行、ナ行、ラ行などが舌足らずな発音になることもあります。

舌癖があると歯並びや発音に大きな影響を及ぼします。

オープンバイトの状態

 

←奥歯は噛んでいるが、前歯は噛んでいない開口(オープンバイト)の状態

 

 

 

 

●舌の正しい位置

本来舌の正しい位置は、舌の先が上の前歯の付け根辺りにあるスポットと呼ばれる丸いふくらみの少し後ろを触った状態で、舌全体が上顎にくっついている状態です。

この時、舌は歯に触れていません。

舌癖がなければ、物を飲み込むときも舌はスポットについたままの状態になります。

 

スポットポジションの位置

 

 

 

 

 

←スポットポジション

 

 

●舌癖の原因

舌癖の原因としては、

・口を開けて息をする。(口呼吸のため、舌がいつも低い位置にある)
鼻の病気→アレルギー性鼻炎、慢性鼻炎、蓄膿症など
喉の病気→扁桃肥大、アデノイドなど

・舌の裏のひもが短い(舌小帯が短いため舌が上あごにつきにくい)

・指しゃぶり(前歯に隙間ができ、舌が出やすくなる)

・遺伝(顔かたちや歯並びにより舌癖がでやすい)

などがあげられます。

 

●舌癖をなおすには?

舌癖のある人はトレーニングをして、舌、唇、頬など口の周りの筋肉をつけ、正しい飲み込み方を覚えなければなりません。そして、トレーニングで覚えた舌の位置や唇の状態を保ち、日常生活の中で正しい飲み込み方を習慣化する必要があります。

その為に行うトレーニングをMFT(oral myofunctional therapy)と言い、舌癖のある患者様には積極的にトレーニングを行うようお伝えいています。

舌癖に少しでも心当たりがある方はご相談ください!