• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

硬い物など噛みすぎていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

「よく噛みましょう」「脳を活性化してボケ防止になる」など耳にしたことがあると思います。

マスメディアでもよく言われていますよね。

噛むことによって唾液の分泌を良くしたり消化を良くしたりとメリットはあるのですが、噛むことは悪い事ではないのですが最近みなさん噛みすぎてしまっています!!

子供の頃「硬い物を噛んで顎を発達させましょう」と言われたかもしれません。

柔らかい物ばかり食べるのと硬い物を食べるのでは顎の丈夫さなどが違ってくるので成長期の間は硬い物を食べても大丈夫なのですが、大人になってから好んで硬い物を食べるのはトラブルの原因になることがあります。

例えば硬い物とは、スルメやフランスパンなど噛み切るのが大変な食べ物のことを言います。

 

どうして硬い物を食べるのは良くなのか

硬い物をたくさん噛んでしまうということは顎を筋トレしてるのと同じことなのです。

筋トレしてしまった顎でくいしばるのと筋トレしていない顎でくいしばるのではどちらが歯にダメージを与えてしまうでしょうか?

筋トレしてしまった顎でくいしばった方が強い力がかかってしまいますよね。

なので、硬い物はなるべく避けて顎の筋肉がつきすぎるのを防いであげることが大切になってきます。

 

また、当院では「ガムは絶対にダメ!!」とお話ししています。

ガムは硬い物ではないのですが、長時間クチャクチャ噛むことによって顎が鍛えられてしまうのです。

 

以前「歯が痛む原因は虫歯ではなくくいしばり等が原因の可能性もある」というお話をこのブログでさせて頂きましたが、当院に通われている患者さんも痛みの原因が虫歯ではなく、くいしばりが原因の方が多いのが現状です。

 

 くいしばりが原因で起こる症状

・歯肉が下がり歯の根元が露出することにより知覚過敏が起こる

・歯の周りにある歯根膜という膜が炎症を起こし、噛むと痛くなる

・強い力がかかることによってセラミックの詰め物や被せ物が割れる

・自分の歯自体が強い力によってかけてしまったり、ヒビが入ってしまう

・噛む力が集中してしまうとそこに骨のこぶである骨隆起ができる

・歯がグラグラしてきて歯周病に発展してしまう

・顎関節症なりやすい

・肩こりや偏頭痛になる

その他にも歯に強い力がかかってしまうと様々なトラブルが起きてしまいます。

 

顎が鍛えられるということは顎が張って顔も大きくなってしまうので、例えば右ばかりで噛んでいるとすると右の顎が左より鍛えられてしまっているので右側の輪郭が大きくなってきます。

よく噛んでる側の目が垂れて小さくなり、ほうれい線も深くなってくるのです。

みなさん鏡で自分顔を見てみて下さい。

どちらかの顎が張っていたり目の大きさやほうれい線の深さが左右違っていたりしませんか?

噛みすぎを気を付ければ歯へのダメージも防ぐことができ、顎の張りもなくなってくるのでシャープなお顔になりますよ(^^)

 

日中歯と歯を合わせないだけでも歯と顎を休ませてあげることができます。

永久歯に生え変わりずっと使い続けている歯なので硬い物を噛む、くいしばりなどを気を付けてみて下さいね。

 

舌癖 MFT

「舌癖」という言葉を聞いたことはありますか?

舌癖とは字の通り、「舌」の悪い「癖」のことを言います。

■舌癖とは?

舌癖とは舌を常に歯に押し当てているような癖のことを言います。

上下の前歯の間に舌を挟んだり、舌で歯を内側から押すような癖のことです。

■舌の正しい位置は?

本来舌の正しい位置は、舌の先が上の前歯の付け根辺りにあるスポットと呼ばれる丸いふくらみの少し後ろを触った状態で、舌全体が上顎にくっついている状態です。

この時、舌は歯に触れていません!

舌癖があると、舌全体が本来あるべき位置よりも下に下がり、上の歯と下の歯の間辺りを押してしまうようになります。このような癖があると、物を飲み込むときに舌で前歯を強く押してしまいます。

舌癖がなければ、物を飲み込むときも舌はスポットについたままの状態になります。

■舌癖の原因は?

・口をポカンとあける癖がある(口を開けているため舌が舌に下がってしまう)

・口呼吸(口を開けて息をするため舌が舌に下がってしまう)

 鼻の病気(アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎・蓄膿症など)

 のどの病気(扁桃肥大・アデノイドなど)

・舌の裏のすじが短い(舌小帯が短い)

・指しゃぶりをする時期が長い

などが考えられます。

■舌癖があるとどうなる?

舌癖があると、いつも舌で歯を押してしまっているので、歯並びに非常に大きな影響を及ぼします。舌で歯を動かしてしまうのです。そのため、

・上下の出っ歯(上下顎前突)

・上の歯の出っ歯(上顎前突)

・受け口(下顎前突)

・噛み合わせても前歯に隙間が開く(開口・オープンバイト)

・隙っ歯

などのような歯列不正を引き起こしてしまいます。

また、話をする時も舌の癖により舌足らずな発音になることもあります。

食事のときにクチャクチャ音を立ててしまうのも、舌癖によって起こされているもののひとつです。

さらに、舌で歯を動かしてしまう為、歯列矯正が上手くいかない、矯正を終えてもまた後戻りしてしまうなど、矯正治療にも大きな悪影響を与えてしまいます。

■舌癖を直すには?

舌癖を直すには、舌の筋肉や口の周りの筋肉を鍛えて、舌を本来あるべき位置に戻してあげることが必要です。

その為に行うトレーニングをmftと言います。

■mftとは

 mft(oral myofunctional therapy)とは、口の周りの筋肉や舌の筋肉を鍛える口腔筋機能療法のことを言います。

口の周りの筋肉が弱く、筋肉のバランスが悪いと舌癖がでてしまい、上に述べたような様々な問題が引き起こされてしまいます。

そんなバランスが崩れた唇・頬・舌などの口腔顔面筋をトレーニングして、筋肉の不調和を整えていく療法です。

舌癖に少しでも心当たりがある方!

重大な問題が起こる前に、是非一度ご相談ください!