• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

妊娠中のお口のお手入れについて

こんにちは☆

寒い日が続いておりますが、体調は崩されていませんか?

このBLOGを書いている今日も雪が降っております。

 

さて、今日は「妊娠中のお口のお手入れ」についてお話しょうと思います!

当医院にも妊娠中の患者様は来院されますが、その際にはお話させて頂いている内容です♪

 

まず、妊娠中は自己免疫力が低下することが多いので、歯ぐきが炎症を起こしやすくなっています。

つわりなどが重なり、なかなか歯みがきも充分にすることが難しくなってしまうと思いますが、

色々な工夫をしてお口の中を清潔に保つことが大切です♪

 

★つわりがある時の歯みがきのポイント★

歯みがきは基本的に食事の後が最も効果的です。

しかし、妊娠中はそれにこだわらず、体調の良い時を見つけてリラックスして行うことを

オススメします。

 

★歯みがき剤は★

妊娠中は匂いに対して敏感になる為、香料の強い歯みがき粉は避けて使用しましょう。

市販の歯みがき粉を使わないと歯の汚れが取れない訳ではありません。あくまで丁寧なブラッシング

が歯みがきの基本です。ブラッシングだけでも充分なのだとお考えください。

 

★歯ブラシはどのような形★

大きめの歯ブラシは、のどに近い粘膜を刺激して吐き気を催すことがある為、できるだけ小さな歯ブラシ

を使うことをオススメします。

 

★歯みがきするときは★

のどの方に唾液などがたまると、その刺激で吐き気を催すことがあります。

そんな時は、なるべく下を向いて歯みがきしましょう。吐き気を抑えられる効果的なみがき方です。

 

簡単ではありますが、お分かり頂けましたか?

実は、私の周りでは只今出産ラッシュでして、1月に2人・今月に1人新しい命に出会いました。

来月出産予定の大事な友達がいます。

その友達には去年のクリスマスプレゼントに「Kitson」のマザーバックとおむつ入れと母子手帳ケース

などをプレゼントしました☆

特に私が感動したのが、バックの中におむつ変える時などに敷くマットが入っていたり

ポケットがたくさんあったりして便利そうなところでした!

一目ぼれして即決です。

 

 

それくらい楽しみなんです♪

早く逢いたいな~

という事で妊婦さんに何か役に立つことをお伝えできたらなと思ってこのBLOGを書かせて頂きました。

なんか話がそれてしまってごめんなさい。

また書きます♪

目黒駅前 石本歯科クリニック 奥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根の治療

こんにちは!

 

本田です。

みなさんお久しぶりですねっ☆

久しぶりにブログを更新します(^^)/

 

 

 

さて、本日は『根の治療』についてお話したいとおもいます。

 

突然ですがみなさん!

『神経を取りましょうね~!』と耳にしたこと、ありませんか?

しかし、患者さんからしてみると

『神経を取るの意味が分からない』『痛いのではないか!』『いつまでかかるの?』

など、不安に思う方もいらっしゃると思います。

 

実際に、痛みが出たりすることもありますし

回数がかかるのも事実です。

そのため途中から来なくなってしまう方も結構いらっしゃるんですね~(;_:)

 

そこで本日は、根の治療とはどんなことを行っているのか

どれだけ大切か簡単に説明したいと思います(^^)/

 

まずは、歯を家に例えてみましょう!!

家がガタついたり、家を支える柱の根元が腐って揺れ始めたら

どうしますか!?

家が倒壊しないように基礎からしっかりやり直しますよね(^^)/?

 

歯の場合も同じで、根の治療は、歯を失わないための大事な基礎工事なのです!!

 

 

では具体的にどのような治療を行っているのか説明していきます(^^)/

 

 

 

虫歯が大きくなって歯髄に細菌が入ると、何もしなくてもすごく痛んだりします。

放っておくと、歯髄は腐ってしまい、細菌が歯の根を伝わって顎の骨へ侵入していくことになります。

そのため、痛みを取り除き細菌の広がりを阻止するために神経を取ります。

 

神経を取ると歯根膜などが炎症を起こすため、痛みが出ます(;_:)

また体が疲れていたり、体調を崩してたりする時は痛みも出やすくなります。

 

また、いったん起きた炎症はすぐにはひかないので

症状のあった薬を何度か交換する必要があるんですね(^^)/

 

炎症が落ち着いたら再び細菌が入らないようにしっかり栓をして

根の治療は終わりになります(^^)v!!

 

その後、白い土台を立てて仮歯を作り

かぶせものを作ってこの歯の治療は終わりになります(^^)/

 

 

いかがでしたか?

なんとなーく理解していただけたでしょうか?

 

回数がかかってしまって

面倒くさいなあ、と思ってしまうかも知れませんが、

基礎を作るとても大事な治療ということを理解していただけたらうれしいです(^^)/

 

 

それでは、本日はこの辺でっ☆

 

 

石本歯科クリニック

スタッフ 本田