• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

食いしばりがOOに関係している!?

こんにちは宮里です♪

突然ですが皆さん!
「食いしばりや歯ぎしりは歯に大きな負担がかかってしまう」
ということはご存知ですよね?

では!
食いしばりや歯ぎしりが顎関節症に関係してるということはご存知でしたか?
  

                     

顎関節症

 

顎関節症の症状は

・顎がカクカクする
・口が開かない
・口元のけだるさ
などといった症状があり、

 

 

 

顎関節症 原因

 

 主な原因としては
・噛み合わせの不具合
・食いしばり歯ぎしり
・ストレス と考えられています。

 

 

 

 

治療法としては顎を正しく機能させる為、まず噛み合わせの調整をします!

噛み合わせというのはとても重要で,調整をしただけで顎だけではなく
「頭痛や肩こりも良くなった(^^)」

という患者さまも中にはいらっしゃるんですよ☆

また、スプリント療法というものがあり

睡眠時に、このようなマウスガードを装着していただきます 

DSCN1144.JPG 

 

 

 

 

 

 

その名は「アムステルダム型スプリント」
なんともカッコいい名前ですよね(・∀・)b!!

このマウスガードは
前歯しか当たらないように出来ており、奥歯で食いしばれないようになっています。
食いしばりや歯ぎしりを防止すると共に、顎と口の周りの筋肉の緊張もとってくれるのです☆
寝ている間に歯が当たらないと、

食いしばり生活習慣などで傾いた歯が起き上がってくるというメリットがあるんですよ♪

マウスガードをつくるには、まずお口全体の型をとります

DSCN1117.JPG

     

 

 

 

 

 

 

       ~2週間後~

個人の歯の形に合わせたマウスガードが完成してきますので

夜、寝るときのみ上の歯に装着していただきます。

DSCN1149.JPG 

 

 

 

 

 

 

今なら可愛いケース付きですよ♪
(スタッフの可愛い本田さんに持ってもらいました☆)

目黒駅前 石本歯科クリニック スタッフ

 

 

 

 

 

マウスガード装着から約1~2週間後に使用後のチェックをさせていただきます。

個人によって
原因・症状・治療法が異なりますのでお悩みの方はご相談下さい(^^)☆

 

                                    目黒駅前 スタッフ  宮里

HAインプラント講演会inソウル2

 

DSCN1205.JPG

 

会場の韓国デニックス社のブースです。

スプラインが紹介されています。

日本では認可がおりてていない骨補填材料やツールが展示されていました。日本の厚労省の対応で日本の歯科はどんどん遅れて、アジアでも後進国となってしまう可能性があります。
 

 

 

 

DSCN1221.JPG

講演風景です。朝の10時から5時までの間、同時通訳がついて講演させて頂きました。

約100名の先生方に聴講して頂き感謝しております。

最後の質疑応答も活発に行われ、海外初公演としては満足いくものとなりました。

 

 

 

 

 

DSCN1222.JPGのサムネール画像 

講演の休憩時間に著書にサイン頼まれたので、調子に乗ってサインしている様子です。多くの先生方がフレンドリーに接して下さいました。 気さくな先生が多かったような印象を受けました。

 

 

 

 

 

 

DSCN1215.JPGのサムネール画像

 

昼休みには控室で韓国の歯科医師と対談が行われ、歯科専門雑誌社の方が写真を撮っているところです。

韓国らしい、わざとらしい演出です。

 

 

 

 

 

 

DSCN1219.JPG

 

 会場の受付を担当して頂いた韓国デニックス社の美人社員の方と記念撮影。

韓国ではスプラインが発売されて3年位しか経過しておらず、まだHAインプラントに対しての認識が十分ではないようです。今後韓国でもHAインプラントがどんどん普及していくことを願っております。

 

目黒駅前 歯科医院 スタッフ~ 私の故郷 OKINAWA パート2☆~

こんにちは宮里です♪
 
以前私の出身「石垣島」について、ご紹介させて頂きましたが、 
評判がよかったので←!?笑
な、な、な、なんと!!
【第2弾】を開催したいと思います♪
 
今回のテーマは
『地元民が紹介する隠れスポット☆★』
 
 
それではいきますよー!!
 
皆さん!
沖縄はこのような風景ばかりだと思っていませんか?

 
 

asd.jpg

 

 

 

 

 

 

 

実はモスバーガーやマクドナルドもあるんですよ!

そして沖縄にしかないファーストフード店がこちら!

 
    【A&W】

dscf1637.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                                      オススメはバーガーではなくオレンジジュース!(笑) 
 

320x320_419918.jpg 
 

 
 

 

 

 

                                                                                                          

                                        

 

とても美味しいんですよ♪

このお店に行くと、必ず注文してしまうほど大好きですっ!

思い出したら飲みたくなってきました()

 

ではでは、次にいきますよー!

 

沖縄には「サーターアンダギー」という

お菓子があることを皆さんご存知ですか?

サーター(砂糖)アンダギー(油揚げ)という意味で沖縄風のドーナツなんですよ♪

 

ass.jpg

 

 

 

 

 

 

 

地元の人は昔から食べています(^^)

そのサーターアンダギーで有名なお店が 

 

              さよこの店】

 

afghjk.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお店にはなんとメガサーターアンダギーあるんです!

 

普通のサイズの倍以上の大きさで一人では食べきれません(><)

勇気のある方は是非チャレンジしてみて下さい()

 

 

そして沖縄と言ったらやはり海!!

石垣島で代表するマリンレジャーが【グラスボード】です!

 

asda.jpg

 

 

 

 

 

船に乗りながらガラス越しに

熱帯魚や珊瑚礁が見れ石垣島の海を堪能できます(^^)

 

 


ass.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいお子さんや、お年寄りの方も楽しめる観光スポットです

 

いかがだったでしょうか?

 

石垣島に旅行に行く機会があった時は

是非参考にしてみて下さい

 

以上!宮里でした

 

 

 

                                   目黒駅前 歯科 スタッフ 宮里

 

歯科専用CTによる被曝

福島第一原発事故の収束のメドが依然として立たないまま既に約4ヶ月が過ぎ、同原発の複数の原

子炉から飛散した放射性物質は同原発周辺のみならず関東南部地域まで拡がっている。

 

アメリカ、フランスの協力を得て、国や東電は連日必死の作業を続けているが、放射性物質を除去し

た後に逆浸透膜で海水中の塩分を取り除く”汚染水処理システム”の「循環注水冷却」も軌道に乗り

つつあり、一日も早く事故収束への足掛かりとして欲しいと願うこと大である。

 

ところで、4月に政府が提示した、学校における放射線の安全基準値20mSv(ミリシーベルト)/年につ

て、子供に対しては一般人の下限の年間1mSvを適用すべきだとこれに異を唱えた内閣官房参与の

辞任劇などもあったが、最終的には年間20mSvで落着くようだ。ただ、日本弁護士連合会や民間活

動団体 (NGO) などは見直しを求めていると報じられている。

 

5月2日の「首相官邸災害対策ページ」では、学校での放射線量基準について校庭・園庭での測定値

が1時間当たり3.8µSv(マイクロシーベルト:ミリシーベルトの1,000分の1)以上の場合、校庭での活

動を1日当たり1時間程度にするなど、児童生徒等の屋外活動をなるべく制限することが適当と述べ

ている。さらに、年間20mSvは1年間ずっと3.8µSvの値の中で毎日8時間を外で過ごし続けると仮定

した場合の数値であるから、1時間の場合はより安全性の厳格な方向になると付言している。

 

ちなみに、放射線障害防止法では放射線量が3ヶ月当り1.3mSvを越える場合はその区域を放射線

管理区域に設定しなければならないと定めており、時間当たり換算では0.6µSvである。即ち、

3.8µSv/hはその6倍の線量となり、当然管理区域に設定されるべき線量下で子供たちが遊ぶことに

なると批判が続出しているが、政府は上述の考え方を崩してはいない。。

 

ことほど左様に放射線被曝量が人体に及ぼす影響については、専門家の間でも結構幅を持った考え

方があることも事実なのである。

 

そもそも20mSv(ミリシーベルト)/年は、国際放射線防護委員会(ICRP)の緊急時被曝の中で事故収

束後の基準1~20mSv/年の範囲を考慮して定めた値であり、計画的避難区域の設定基準と同じで

ある。

 

3.8µSv/hは以下のようにして求められる。

    但し、

    1日のうち、8時間を屋外、16時間を屋内にいるものとする。屋内では、防災指針

    (原子力安全委員会)に示された「沈着した放射性物質のガンマ線による被曝の

    低減係数」の表から、「平屋あるいは2階建ての木造家屋」の低減係数0.4を適用

    する。

         XµSv/h×8h/d×365d/y+XµSv/h×0.4×16h/d×365d/y=20mSv/y

                    よって  X=3.8µSv/h

    このように、大気中放射線量が毎時3.8µSvで、毎日8時間屋外にいたと仮定すると、

    1年後の積算は20mSvとなる。

 

校庭の大気中放射線量が毎時3.8µSv以上の学校では屋外活動が制限されることになるが、年間

1mSvの基準を定めた場合も基準が厳しくなって、子供が屋外で遊べないなどの悪影響が出ることに

なりかねず、生活や教育の継続と被曝回避のバランスから政府は年間20mSvを選択したのだろう。

 

さて前置が長くなったが、此処で本題に入ろう。

病院などで受ける全身CTスキャンの放射線量はいろいろな数値が報じられているが、年齢、体格、

装置などの複合効果で凡そ1.2~6.9mSvと考えて間違いではないだろう。ちなみに或るデータでは

胃のx線検診の値として0.6mSvが報告されている。

 

当院で導入している歯科用CTはノーマルモード時40µSv、高画質モード時60µSvの低線量なので、

全身CTスキャンの放射線量(最大6.9mSv=6,900µSv)の1/100(100分の1)以下で済むスグレ物で

ある。また、胃のx線検診の値と比較しても、x線検診1回分の線量(0.6mSv=600µSv)は当院の歯

科用CT(60µSv)の10回分の線量と同じである。

 

このように、身体の健康を司る食物を噛み砕く歯の治療に不可欠なCT撮影は非常に低線量で済む

ので、ご心配なさらずにご來院下さるようご案内致します。 

                                                        院長