CT撮影により高いレベルの診断と治療が可能になります

CT撮影診断による安心・安全な歯科治療

CT撮影機本体

  • 圧倒的な超高分解能画像撮影機能
  • さらなる低被ばくCT撮影が可能
  • インプラントの診断だけでなく、難しい抜歯・歯周病・根管治療などでも今までのレントゲンだけではわからなかった情報が得られます。

CTについて
撮影時間が15秒と短く、被爆量も医科用ファインビームの約1/100程度です。

CT撮影画面矢状面 CT撮影画面水平面

基本CT撮影料 5,250円
*当院でインプラント治療を行う方のCT撮影は無料で行います。

当クリニックではこのたび、最新鋭の歯科用CT(X線コンピューター断層撮影装置)を導入し、インプラント、矯正治療はもちろん、歯周病治療を行うに際して、より正確で迅速な診断が可能となりました。

【CT診断画像】

CT画像サイナスリフト矢状面
CT画像サイナスリフト前頭面
CT撮影によりサイナスリフトも3次元的に見ることが可能となりより安全にインプラント治療を行うことができるようになりました。インプラント周囲の骨様組織が安定していることがわかります。

CT画像前歯部GBR矢状面
前歯部のGBRでつくったインプラント周囲の骨が吸収されずに十分に保存されていることが分かります。
(術後2年) 。インプラントの良好な予後がこのCT像により予想できます。
CT画像大臼歯インプラント埋入矢状面
以前のパノラマレントゲン写真では判断がつかなかったインプラントの埋入をCT撮影による3次元的診断により下歯槽管を頬舌的に避けて埋入が可能になりました。

CT診断画像インプラント術前矢状面

インプラント術前の状態でCT断層により骨形態を把握することが出来、根尖部まで骨がない事がわかります。
CT診断画像歯周病矢状面
パノラマレントゲン写真だけでは分からない歯周病による骨吸収の状態がCT画像診断によりわかります。
CT画像上顎大臼歯歯根破折前頭面

CT画像上顎大臼歯歯根破折矢状面
CT撮影で3次元的に見ることにより確実な診断が可能となります。
こちらの症例では根破折が疑われます。

CT画上顎大臼歯像根尖病巣前頭面

CT撮影によって根尖病巣においても確実な診断が行えます。