ホワイトニング

今年も暑い夏がやってきました!

夏と言えば、暑い太陽!青い海!

そして欠かせないのが輝く白い歯!!

ほんのり焼けた肌に白い歯。さわやかでいいですよね♪

今からでも遅くありません!

ホワイトニングで白く輝く歯を手に入れてみませんか♪

 

 

ホワイトニングとは、歯の表面に付いた着色汚れ(ステイン)だけでなく、歯自体の色を漂白して白くするものです。色素を分解して「歯の本来の白さを引き出す」というイメージです。

ですので、あくまで自然な白さを得るもので、陶器のような真っ白な白さにはなりません。そのような白さをご希望される場合は、被せ物で治す必要がありますのでご相談ください。

 

ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の2種類の方法があります。

患者様のご希望の白さの程度、費用、すぐに白くしたい、徐々に白くしたい、白さをキープしたいかなどによって、どういった方法が適しているかが変わってきます。

「オフィスホワイトニング」だけ行う場合、「ホームホワイトニング」だけ行う場合、両方を併用する場合、どの方法が適しているかはその人によって変わってきます。

始める前によく相談して、どのように進めていくか方法を決めていきます。

 

2つ方法の違いは・・・

≪オフィスホワイトニング≫

●プロ(歯科衛生士)が行うので安心・安全

●即効性がある(1回で白くなった変化がわかる)

●自分でやる手間がかからない

●結果が早く出るが、後戻りも早く起こる

●高い濃度の薬液を使用するので、まれにしみる事がある

 

≪ホームホワイトニング≫

●マウスピースを使い、自宅で自分のペースで好きな時に出来る

●オフィスホワイトニング後の後戻りを防ぐことが出来る

●ゆっくり薬剤を浸透させていく為、後戻りも遅い

●目に見えて結果がわかるまでには平均2〜3週間かかる

●全部自分でやるので手間がかかる

 

 当院で行うオフィスホワイトニングは、GCという大手歯科メーカーが出している『Tion(ティオン)』というホワイトニング剤を使用しています。

Tionは他のオフィスホワイトニング剤に比べて薬液の濃度が低濃度につくられているため、しみる症状が出にくく作られています。さらに特殊な光触媒を使用しているため、高いホワイトニング効果も得ることができます!
そしてさらに!Tionは他のホワイトニング剤とは違い、仕上がりにツヤっぽい透明感があります!
言うことなしという感じです。
                                                                                                                                    さらに、ホワイトニングライトはTionととても相性のいい、最新機種の照射器『ブリリカビアンコ』というライトを使用しています。
このライトは開口器に直接取り付けるので、ずっと均等かつ至近距離から光をあてられるので、高いホワイトニング効果を得ることが出来ます。
ホームホワイトニングには、オパールエッセンス10%を使用しています。
10%の低濃度の薬液のため、しみる症状は出にくく、ミント味がついているのでスッキリさわやかです。オーダーメイドのマウスピースにこの薬液をご自身で入れて、歯に装着していただきます。
夏だけに限らず、口元・歯は思っている以上に第一印象に影響があります。
キレイな口元・歯にして、清潔感を手に入れましょう♪
ホワイトニングの詳細・費用はホワイトニングのページからご覧いただけます。
ご興味のある方はお気軽にスタッフにご相談ください!
歯科衛生士 内堀

 

 

 

インプラントオペについて

当院現在週に1~2回インプラントオペが入っています(^^)

今回はよりインプラントを身近に感じて頂くために

当院のインプラントオペの流れについてご説明します。

*より詳しい専門的内容や症例については当院のHPをチェックしてください(^O^)

 

インプラントのオペを行う際、アポイントは約1時間半~2時間お取りしています。

インプラントのオペを入れる際は、患者様のために貸切状態でおとりしています。

オペの間全スタッフでオペに取り組みます(^^)v

 

でも実際のオペの時間は約20~30分程度!

普段の治療時間と変わりない程度の施術時間なんです!

 

それではオペ当日の流れのご説明を致します

IMG_0221 ①まず中央のユニットで麻酔をかけます

(普段の虫歯治療に使用するものと同じお口の中の麻酔です)

②血液を採取します

(採取した血液を遠心分離機にかけて、傷の治りを促進する因子を取り出します)

③隣のユニットに場所を移動して、オペの準備に取り掛かります。

(いつもと装いの違う治療風景に少し驚かれるかもしれません)

④あとは院長の腕を信じて、心落ち着かせながら口をあけていましょう(^O^)

20~30分後。。。。

⑤オペ終了!最後にインプラント体がきちんと入っているかどうかレントゲン写真で確認します

⑥最初のユニットに場所を移して、痛みどめのお薬を飲みながらオペ後の注意事項を受けます

⑦消毒のアポイントを入れて終わりです(^O^)

 

 

どうですか?

インプラントのオペは全身麻酔で行うと思ってた方、オペ後は寝込まないといけないのではないかとお考えだった方、意外でしたか?

オペ後も普段の治療後となんら変わりなく歩いてご自宅まで戻ることもできますし、麻酔が切れたら普通に食事をとることもできます(血流のよくなる飲酒、運動、湯船につかることは避けて頂きます。。。^_^;)

 

自分はインプラントを入れることはできるのか?

他の歯科医院でインプラント断られたが本当にできないのか?等など。。。

何か疑問をお持ちの方は是非当院にお問い合わせください(^O^)

3次元画像のCT診断やほかの歯の状態や噛み合わせに合わせたインプラント埋入の治療計画を立てたり、

インプラントに関する質問等にお答えするお時間をお取りして、納得頂けるまで院長&スタッフがお答えいたします(^^)v

 

 

 

 

 

眠っている間に治療ができる!?

 

こんにちは奥です♪

皆さんゴールデンウィークはどのように過ごされたでしょうか(^^)?

私は充実したゴールデンウィークを過ごすことができました♪

お休みを頂いた分、気を引きしめてお仕事にとりかかろうと思いますっ!

 

さてさて、皆さんは歯医者がお好きですか?

 

おそらく、ほとんどの方の答えは「NO」

歯科医院での治療は「痛い」「怖い」というイメージで足を運ぶのがちょっと・・・という方が大勢いらっしゃると思います。

特にインプラントの手術などの外科処置となりますと不安ですよね(><;)

 

そこで当医院では、静脈内鎮静法のご案内をさせて頂いております。

 

静脈内鎮静法とは、安全性の高い抗不安薬や麻酔薬を静脈から注射し、眠っている間に治療や手術を行う方法です。

緊張が取り除かれウトウトしている間に局所麻酔の注射も治療・手術も進み、

目が覚めたら治療が終了しているので長い時間なのにあっという間に感じられてしまいます。

また、鎮静中の記憶はほとんど残らないため、治療や手術時の不安を感じることなくリラックスして治療が受けられるのですよ☆

 

特に・・・

□治療や手術を少しでも楽に受けたいと希望する方

□歯科治療や局所麻酔などに対して不安や恐怖心が強い方

□嘔吐反射があり、治療や手術が困難な方

□過去の歯科治療で、神経性ショックを起こしたことがある方

□高血圧、甲状腺機能亢進症などの全身疾患を有し、歯科治療や手術で生じるストレスを軽減する必要がある方 などにオススメです(^^)

 

静脈内鎮静法に関しましては、歯科治療に十分習熟し、

さらに全身麻酔をはじめとした様々な麻酔の専門知識や技術を本格的に習得している

専門医の福田 原(はじめ)先生に担当して頂きます。

治療中や手術中は心電図や血圧計、酸素飽和度のモニターとともに

歯科麻酔医が常時監視し、適切に鎮静の深さを調整しているため

「安心・安全・快適」に治療が受けられます!

 

ご興味のある方はお気軽にスタッフにお尋ね下さい♪

それではまた来週(^^)/☆

 

音波ブラシで歯周病予防☆

皆さんこんにちは♪

私は先日「ブルーマン」のショーを観てまいりました♪

突然のお客さんを巻き込んでのショーや

何をするのか予想のつかないブルーマンのショーにずっとハラハラドキドキ☆★

また機会があれば観に行きたいと思います♪

 

余談は置いといて(笑)

本題に入らせていただきます!

 

本日は歯周病予防についてお話させていただきます(^^)

現在、日本人は歯周病が原因で歯を失うことが多く、その確率は虫歯以上となっております。

近年では糖尿病や心臓血管系疾患など、さまざまな全身疾患に影響与えていることが分かってきました。

歯と歯肉の間(歯周ポケット)にプラーク中の細菌が入り込むことにより、
歯肉に炎症を引き起こし、さらに歯を支えている骨(歯周組織)までも溶かしてしまう歯周病・・・
通常のブラッシングで歯周ポケットまでのプラーク(歯垢)を除去することは不可能なのです(´;ω;`)

そこで当院が患者様におススメしているのが『音波振動歯ブラシ☆!』

 

こちらの歯ブラシは

音波の振動により、手動の歯ブラシでは届かない2~3ミリ先まで磨いてくれるのですよ☆

 

また、プラークの除去には小刻みな往復振動で歯ブラシを動かすことが大切ですが、

音波ブラシは、理想的な1mmの往復振動で歯肉を傷つけることなく、効果的なプロのブラッシングが再現できてしまうのです(・∀・)♪

20代から進行し30代で急増、40代では多くの方が歯周病で歯を失っております。

音波ブラシを使いプラークを除去しながら、定期的な検診で専用の機械でしか除去できないバイオフィルムを壊すことが大切です☆

早め早めの「歯周病予防」をいたしましょう!

 

目黒 歯医者 石本歯科クリニック 宮里

 

最先端技術「CGF」について

皆さんこんにちは♪

本日は治療の際に使用する【CGF】について

ご紹介させて頂こうと思いますっ(^^)

 

このCGFというものはインプラントや歯肉移植など

外科的処置をする際に多く使用します。

 

その作り方は・・・

1、まず患者様から採血します。

今回は奥さんから採血させていただきました!

院長は歯科界でも採血が上手と評判なんですよ♪

患者様に「看護婦さんより上手ね」と良く言われております(笑)

asb.jpg

 

 

 

 

 

 

 

va.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2、そして採血した物を遠心分離機にかけます。

なぜ、採血した物を遠心分離機にかけるのかといいますと、

遠心分離機にかけることによって、血小板を取り出すのです!

 

こちらが当院の遠心分離機です。

2011-11-25 17.27.54.jpg

 

 

 

 

スイッチを押して待ちます(・∀・)ランラン♪

 

こちらの機械でCGFとPRPをつくることができます。

 

3、完成です☆

btr.jpg

 

 

 

 

 

 

血液はガラスに触れることで固まります。

この黄色い部分に血小板が多く含まれているんですよ(^^)

gw.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

血小板には成長因子が含まれているので、CGFを傷口に入れることにより

傷の治りを早めてくれたり、インプラントの手術に関しては骨の再生を促進してくれる

役割があるのです!

また血液を凝固させるためにトロンビンを使用するPRPとは違い、

CGFはフィブリンという血液中のタンパク質に自己トロンビン作用があり、

長い時間をかけ徐々に放出されるというメリットがあるので、傷口の治癒に非常に効果的なのです!

 

えっへん(`∀´)!笑

 

私の説明はいかがだったでしょうか?

少しでも治療に関してご理解していただければ幸いです(^^)

 

もっともっと勉強して患者様に情報を提供していけるように頑張りますっ!

 

以上、宮里でした♪

目黒駅前 歯医者 石本歯科クリニック スタッフ

 

 

 

歯科医療の現状と補綴物について

近年、歯科技工士の数が激減しており専門誌では

20代の歯科技工士の離職率は80%と報告されています。
 

EPSON001.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

 

その為、腕の良い技工士は自費の補綴物、保険の補綴物は見習いの技工士が作るという現状に

なっており、保険の補綴物では院長の満足できるものはできてこないのが現状です。

2011-11-16 14.29.00.jpg 

(保険の補綴物)

 

 

 

 

 

当医院は、保険・自費治療共に患者様、そして医院にとっても満足度の高い治療を

提供していきたいと考えておりますが、 保険治療による補綴物によっては、出来てきた補綴物が

作り直しになることや、調整量が増えていく可能性があります事をご理解下さい。

このような事実を充分にご理解して頂いた上で、補綴物を選択される事をおすすめ致します。

 

また、顎関節症の最大の原因は噛み合せです。

実際の治療の過程で仮歯までは調子良かったが、保険の補綴物をいれたことで

再発する可能性があります。

15454.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、顎関節症の患者様は形態がしっかりとした

自費の補綴物を選択することをおすすめ致します。

 

2011-11-16 14.31.36.jpg

 

 

(自費の補綴物)

 

 

 

 

 

尚、当医院では中国に補綴物を発注することは一切ありません

 

 

                               目黒駅前 歯医者 石本歯科クリニック