右上1番抜歯後即時埋入治療例

ジンジバルロールテクニックにより頬側歯肉の厚みを確保した症例

初診時の状態 【1】初診時の正面間。右上1根尖相当部にフィステルが認められます。
ポストを外した状態 【2】ポストを外した状態。マイクロクラックが2ヶ所認められます。根管治療を行いましたが症状が消失しないため、抜歯してインプラントを埋入する計画をたてました。
抜歯した状態 【3】 抜歯した状態の咬合面観。
抜歯窩口蓋側壁にあわせてインプラント床を形成している状態 【4】抜歯窩口蓋側壁にあわせてインプラント床を形成します。
インプラントを口蓋側に低位埋入している状態 【5】インプラントを口蓋側に低位埋入していきます。
埋入後の咬合面の状態 【6】埋入後の咬合面観。歯肉、骨の厚みが比較的あるので頬舌的な埋入ポジションはこの位置になります。歯肉、骨の厚みが薄い場合はもう少し口蓋側の埋入が理想的です。
骨補填材を填入した状態 【7】骨補填材を填入した状態。骨補填材を工夫することで頬側の陥没を最小限に抑えることが可能となります。
縫合した状態 【8】 縫合した状態。
術後プロビジョナルを装着した状態 【9】 術後プロビジョナルを装着します。プロビジョナルの創面への接触を避けることで、シンプルにインプラント周囲の歯肉のボリュームを増すことが可能となります。
2次手術時の状態 【10】2次手術、術前の咬合面観。
肉を口蓋側から織り込むための切開線の写真 【11】歯肉を口蓋側から織り込むための切開線です。両隣在歯の歯冠乳頭は保存します。
ジンジバルロールテクニックにて頬側のボリュームを確保した状態 【12】インプラント周囲の軟組織を理解すると、天然歯と異なり、シンプルに頬側のボリュームを増すことが可能となります。ジンジバルロールテクニックにて頬側のボリュームを確保しました。
ピックアップ印象時の状態 【13】インプレッションポストとパターンレジンによりピックアップ印象を行います。
最終補綴物装着時の状態 【14】最終補綴物装着時の正面観。審美的にインプラント補綴が装着されました。いまさら単独植立でした。
初診時のCT像 【15】初診時のCT像。根管治療で治癒すると思われましたが、残念ながら抜歯となりました。
術後のCT像 【16】術後のCT像。理想的な位置にインプラントが埋入されていることがわかります。
最終補綴物装着後のCT像 【17】最終補綴物装着後のCT像。頬側に骨様組織の頬側骨板が認められます。今後良好な予後が期待できるでしょう。