右上1番狭窄歯列弓治療例

審美領域の狭窄歯列弓を舌側GBRで対応した症例

術前の写真 【1】 前歯部ブリッジの審美障害が主訴です。また、連結せずに単独補綴にしてほしいという強い希望があり、欠損部にインプラントを埋入する計画をたてました。
補綴物を外した状態 【2】補綴物を外した状態。欠損部の骨が狭窄していることが予想されます。審美的にインプラント補綴を入れるには難易度が高い症例といって良いでしょう。
粘膜を剥離した状態 【3】 粘膜を剥離した状態。ナイフエッジ状の狭窄した骨が認められます
インプラント床形成時の状態 【4】 慎重に舌側からボーンエキスパンダーにより骨を広げて、インプラント床を形成していきます。
インプラント床形終了時の状態 5】インプラント床形終了時の状態。
インプラントを埋入した状態 【6】 インプラントを埋入した状態。舌側が裂開した状態でインプラントが埋入されています。
結合組織を移植している状態 【7】 上顎結節から自家骨を採取して頬、舌側にGBRをHAメンブレンテクニックにより行います。また、歯肉の厚みを獲得するのを目的に結合組織を移植することも同時に行います。硬組織、軟組織の厚みを増して審美的なインプラント補綴を入れる準備をします。
縫合した状態 【8】 インプラント埋入後、縫合した状態。
3ヵ月後の状態 【9】 3ヵ月後の状態。良好な治癒の経過をたどっています。
術後3ヶ月半の状態 【10】術後3ヶ月半。歯肉の連続性が獲得され、審美的インプラント補綴が装着されました。審美的なインプラント補綴はインプラントロジストの基本的技術と考えています。
2年後のCT画像 【11】インプラント周囲の頬側、舌側GBR症例の2年後のCT像です。頬側に厚みのある骨が確保され、良好な予後が期待できます。