下顎前歯部のインプラント治療例

垂直的に骨造成を行い審美的回復を行った症例

術前の状態 【1】 術前の状態。頻繁に歯肉が腫れることを主訴として来院なさました。
術前のレントゲン写真 【2】 術前のレントゲン写真。重度の歯槽膿漏と根尖病巣の合併症で4前歯の保存が難しい状態です。審美的、機能的回復を目的にインプラント治療の計画をたてました。
術後4ヶ月、2次手術時の状態 【3】 術後4ヶ月、2次手術時。HAメンブレンテクニックによるGBRにより垂直的に骨造成され、インプラント体が骨様組織に覆われていることがわかります。
2次手術直前のレントゲン写真 【4】2次手術直前のレントゲン写真。垂直的に骨造成されていることがわかります。
印象採得時の写真 【5】2次手術のあと粘膜の治癒をまち、印象採得を行います。インプラントにはインプレッションポストが装着されています
術後5ヶ月後、最終補綴物装着時の写真 【6】術後5ヶ月後、最終補綴物装着時。インプラントと天然歯の歯肉の連続性が保たれ審美的、機能的回復が認められます。より早く、より美しくがインプラント治療の基本です