左下2番、右下2番審美領域治療例

GBRを行い骨幅を増大してメンテナビリティーの高い補綴物を装着した症例

術前の状態 【1】 前歯部のブリッジが歯肉縁下カリエスと重度歯周病の合併症で保存が難しい状態でした。抜歯してインプラント埋入の計画をたてました。審美領域のインプラント埋入はステッピングストーンズプレイスメントが基本となり、補綴はブリッジ形態となります。
3本天然歯を抜歯した状態 【2】3本天然歯を抜歯して側切歯部にインプラントを埋入していきます。下顎側切歯部も舌下動脈、オトガイカ下動脈が近接している場合がありインプラント埋入にあたり舌側の自由度が少ない場合があります。
抜歯後粘膜を剥離した状態 【3】 抜歯後粘膜を剥離した状態。骨がナイフエッジ状に吸収している部位が認められます。
抜歯窩にインプラントを埋入した状態 【4】 抜歯窩にインプラントを埋入した状態。予後不良の予想される歯の抜歯をあまり引き伸ばさないことが低浸襲のインプラント埋入を可能とします。
GBRを行った状態 【5】 顎提がナイフエッジ状の骨をPRPを使用したHAメンブレンテクニックによりGBRを行います。インプラント埋入部位以外も顎提の幅を拡げ補綴物装着時、メンテナンスしやすい環境を整える準備をします。
縫合した状態 【6】 インプラント埋入と同時にGBRを行い縫合した状態。
2次手術時の状態 【7】 インプラント埋入後3ヶ月、2次手術時。顎提の幅が拡大され骨様組織の連続性が確保できました。【4】と比較
補綴物が装着された状態 【8】インプラント補綴装着時。審美的のみならず、顎提を拡ることでインプラント補綴をメンテナンスしやすい形態になっています。なお、PRPを使用したHAメンブレンテクニックは予知性が高く、通常の成熟側の埋入と同等の難易度であると考え別途費用はかかりません。