• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

低浸襲の治療 part7

GBR without Membrane

【3】粘膜を剥離した状態。最悪な状態です。抜歯時不良肉芽を残したため、骨ができていません。また、術前の予想よりナイフエッジ状の骨形態でした。
【1】術前の正面観です。審美障害を主訴として来院されました。欠損部にインプラントを埋入して審美的、機能的回復をおこないます。
【2】術前の咬合面観。十分に骨幅があるように診えますが、最悪の条件を予想して準備しておくことが大切です。現在はCTによりかなり精度の高い診断ができるようになっています。
【4】 インプラント床をエキスパンジョンドリルで形成していきますが、頬側の骨が骨折しています。
【5】 骨折した頬側のバルコニーを開きインプラントを慎重に埋入していきます。
【6】埋入後頬側のバルコニーをもどします。
【7】 頬側の開窓部からフックスチャーが観察できます。当然、開窓部はソウハして不良肉芽を除去しておきます。。
【8】骨補填材を填入していきます。この症例は骨補填材の填入のみで、GBRは必要ありません。ただ、骨補填材の吸収速度は考慮しなければなりません。
【9】縫合した状態。
【10】術後3ヶ月半後。良好に治癒していることがわかります。
【11】2次手術時、粘膜を剥離した状態。インプラント周囲が骨様組織で満たされています。【6】と比較
【12】角度がきついためカスタムアバットを使用して補綴物を作成しました。この状態では歯肉のクリーピングはあまり期待できないと判断しました。
【13】補綴物をスクリューリテンションにして隣接部の立ち上がりを可能な限り細くすることで、クリーピングをより期待できると考えています。。
【14】口蓋側に低位埋入すると、自然にこのような補綴形態になります。
【15】最終補綴物装着後の正面観。インプラント間の歯冠乳頭が不足しています。クリーピングを期待して経過を診ていこうと思います。息漏れなどが気になるようであれば歯冠乳頭形成術が必要となってきます。