• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

GBRの治療例

インプラント治療の際に、理想的な位置にインプラントを埋入するために骨幅を増やす処置を行う場合があります。この処置をGBRと言います。

【1】処置前の状態
インプラントを理想的な位置に埋入するための骨幅と高さがありません。
【2】手術の様子
現状の歯肉を切開します。
【3】手術の様子
骨補填剤をのせ骨幅と高さを調整します。
【4】手術の様子
【5】処置後の様子
【6】処置後の様子
処置後骨幅と高さの回復がみられます。
この後に、インプラント埋入手術を行います。