• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

アスタキサンチン(美容)について

アスタキサンチンが美容になぜ効くのか!?

 

●皮膚の細胞を守ります

活性酸素ダメージのない健康な皮膚細胞ではコラーゲンは作られ、ビタミンCはそれを増加させます。しかし、活性酸素ダメージを受けると、細胞はコラーゲンを作ることができなくなり、増加させるビタミンCもありません。

アスタキサンチンは細胞を守ることでコラーゲンの産生を維持するので、ビタミンCの働きも発揮されます。

【活性酸素ダメージを与えた細胞】では丸く変形し、細胞も死滅して数が少なくなっています。

【アスタキサンチンを与えた細胞】では、細胞の形、数とも健康細胞と変わらず

活性酸素のダメージから守られていることが分かります。

 

 

ダメージ細胞にコラーゲンは作れません

 

活性酸素ダメージのない健康な皮膚細胞では、コラーゲンは作られビタミンCはそれを増加させます。しかし、活性酸素ダメージを受けると、細胞はコラーゲンを作ることができなくなり、増加させるビタミンCも働きません。アスタキサンチンは細胞を守ることでコラーゲンの再生を維持するのでビタミンCの働きも発揮されます。

 

 

 

●メラニンの産生を抑えます

「シミ」は、紫外線や女性ホルモンなどによって肌の中で大量に作られた「メラニン」が肌の表面に現れたものです。

 

【何も与えなかった細胞】【ビタミンCを与えた細胞】では黒い部分(メラニン)が多く見られます。

【アスタキサンチン】を与えた細胞では、うすくなっている(=メラニンの産生を抑えている)ことがわかります。

 

とある実験でのアスタキサンチンによるメラニン産生抑制率はビタミンCを超えるものでした。