TCH(歯列接触癖)

歯科用語でTCHという言葉があります。

TCHとは、Tooch Contacting Habit(歯列接触癖)の略で、上下の歯を持続的に接触させる癖のことをいいます。

 

TCHについて

ふと気が付いた時、上下の歯は接触していませんか?

普段上下の歯が接触しているのが当たり前だと思われている方もたくさんいると思いますが、実はそうではないのです!!

1日の中で歯が接触しているのは20分程度だと言われています。

接触する時間がこれを超えるようなら、歯の接触癖があるのかもしれません。

つねに歯に負担がかかってしまうのでさまざまな問題が起きてしまいます。

 

TCHによって起こる問題

・歯の咬耗【歯がすり減ってしまう】

・歯周病の悪化【細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で歯が揺さぶられることによって横に揺れ、上下にも揺れ始めると噛む時痛みが出始めます】

・知覚過敏【虫歯などではないのに歯ブラシの毛先が触れた時や風に当たった時、冷たい物や

甘い物でしみたり痛みが出たりする】

・顎関節症【口が開きずらい、顎の痛みなど】

・補綴物の破損や脱離【つめものや被せ物が外れやすくなる】

・歯冠や歯根の破折【自分の目に見える歯の白い部分(歯冠)が割れたり、目に見えない歯の根っこの部分(歯根)が割れたりする】

 

TCHはストレスや作業に集中していると起こりやすくなります。

ふと気付いた時に歯と歯が合わさっていると感じたら、まずは意識して起きてる時は上下の歯と歯を合わせないようにしてみましょう。

それを繰り返すことで徐々に歯が接触する時間が短くなっていきます。

自分で気付いて意識していただくことがとても大切になりますので、心当たりにある方は気を付けてみて下さいね(^_^)