噛み合わせへの当院のアプローチ法

昨日は月に1回のミーティングでした!(^^)!

スタッフ同士で当院をよくするために情報交換を行ったり、新しいシステムを導入するために機材を調べたり等しています。

これまでにミーティングで取り入れた新システムには…

・オフィスホワイトニング(ティオン)

・エアフロー

・舌診断 等があります(^^)/

 

今回議題に上がったものは、「噛み合わせへのアプローチシステム」です。

当院での顎関節症や噛みしめ、くいしばりの強い方、左右差のある噛み合わせの方には

・咬合調整(歯の形態を整え、顎の動きを整える)

・スプリント療法(アムステルダムスプリントを用いる)

・態癖の改善の指導(ほおづえをつかない等)

の3点を行っていましたが、新たに「口腔筋機能療法」を導入しました。

お口まわりの筋肉のマッサージを行い、筋の緊張を解くことによって、正しい位置で噛めるようにするというものです。(かなり簡略化しています…苦笑)

 

患者さんの状態に合わせて「口腔筋機能療法」を組み合わせていますので、噛み合わせを見てほしい方や、くいしばり、噛みしめ、顎が痛い等の症状がある方は一度虫歯の検診と一緒に来院することをオススメします(^O^)

患者さんの中には、一度の来院で咬合調整をしただけで、顎の調子がよくなった方や、

来院を重ねたら、偏頭痛が治ったという方もいらっしゃいます!

 

☆ただし、、、噛み合わせをよくするためには、患者さんの努力も必要です!自宅で当院で指導された方法を実践したり、態癖(頬杖をつく、舌で歯を押してしまう、くいしばりがある等)を治す必要が出てくる方もいますので、一緒に頑張って実践できる方、ぜひぜひ来院をお待ちしています(^^)