根の治療

こんにちは!

 

本田です。

みなさんお久しぶりですねっ☆

久しぶりにブログを更新します(^^)/

 

 

 

さて、本日は『根の治療』についてお話したいとおもいます。

 

突然ですがみなさん!

『神経を取りましょうね~!』と耳にしたこと、ありませんか?

しかし、患者さんからしてみると

『神経を取るの意味が分からない』『痛いのではないか!』『いつまでかかるの?』

など、不安に思う方もいらっしゃると思います。

 

実際に、痛みが出たりすることもありますし

回数がかかるのも事実です。

そのため途中から来なくなってしまう方も結構いらっしゃるんですね~(;_:)

 

そこで本日は、根の治療とはどんなことを行っているのか

どれだけ大切か簡単に説明したいと思います(^^)/

 

まずは、歯を家に例えてみましょう!!

家がガタついたり、家を支える柱の根元が腐って揺れ始めたら

どうしますか!?

家が倒壊しないように基礎からしっかりやり直しますよね(^^)/?

 

歯の場合も同じで、根の治療は、歯を失わないための大事な基礎工事なのです!!

 

 

では具体的にどのような治療を行っているのか説明していきます(^^)/

 

 

 

虫歯が大きくなって歯髄に細菌が入ると、何もしなくてもすごく痛んだりします。

放っておくと、歯髄は腐ってしまい、細菌が歯の根を伝わって顎の骨へ侵入していくことになります。

そのため、痛みを取り除き細菌の広がりを阻止するために神経を取ります。

 

神経を取ると歯根膜などが炎症を起こすため、痛みが出ます(;_:)

また体が疲れていたり、体調を崩してたりする時は痛みも出やすくなります。

 

また、いったん起きた炎症はすぐにはひかないので

症状のあった薬を何度か交換する必要があるんですね(^^)/

 

炎症が落ち着いたら再び細菌が入らないようにしっかり栓をして

根の治療は終わりになります(^^)v!!

 

その後、白い土台を立てて仮歯を作り

かぶせものを作ってこの歯の治療は終わりになります(^^)/

 

 

いかがでしたか?

なんとなーく理解していただけたでしょうか?

 

回数がかかってしまって

面倒くさいなあ、と思ってしまうかも知れませんが、

基礎を作るとても大事な治療ということを理解していただけたらうれしいです(^^)/

 

 

それでは、本日はこの辺でっ☆

 

 

石本歯科クリニック

スタッフ 本田