CSJ勉強会

8月19日はCSJの第2回勉強会が開催されました。

今回のテーマは“咬合を極める”で60名以上の先生方が受講なされ熱気に満ちた勉強会となりました。

 

 

 

今回もハクホウ研修室で勉強会が開催されました。研修室には現在販売されているユニット、マイクロスコープ、骨補填材等が展示されていました。ハクホウはインプラントメーカーから歯科総合メーカーとして進化を遂げていることを実感させられます。将来的に歯科界のリーディングカンパニーとして成長していくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

開始前の準備を終え昼食時。近くのお店がどこもいっぱいで結局会場下のラーメン屋でつけ麺をいただくことになりました。講演前にはちょっとへービーな昼食でした。

スーツを着て炎天下のなか歩き回ったので汗だくだくです。

 

 

 

 

 

 

 

腹ごしらえが済み勉強会がスターです。

先生方の熱気を感じながら最初に私が

“インプラント治療における咬合の注意するポイント”についてお話しさせていただきました。

今回は挨拶がてら30分お話しさせていただきましたが、いつか別の機会に私の考えをもっと詳しくお話しできたらと思っております。

 

 

 

 

 

外部講師として小川先生と續先生にお願いしました。

小川先生には“生活習慣による歯列の乱れから機能的咬合面形態まで”というテーマでお話しいただきました。小川先生は私も所属する咬合療法研究会の大先輩で今回も非常に解りやすくお話しいただけたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に登場した續先生です。續先生は私の出身校である北海道大学の非常勤講師の先生です。卒業後いろいろとご指導いただき、私にとって師匠にあたる先生です。

顎関節症と咬合の関係に詳しく、今回は下顎位の補正を中心に“45年の臨床報告”と題してお話しをいただきました。内容もさることながら、お話しが上手で受講生の先生ハートをガッチリつかんでました。次回の開催が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

終了後の記念撮影。

これからもCSJでは“咬合”に関する勉強会を継続して行っていく予定でおります。楽しみにしていて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

本田さんに対抗して夏休みの写真を1枚。

3年ぶりに夏休みが取れて安比高原でゴルフを楽しんできました。

上機嫌にハイポーズ。

充電したつもりでしたが猛暑ですでにバテ気味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに7月22日に行われたベーシックセミナーの写真も1枚アップしておきます。