• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

歯磨きのお助けアイテム♪

みなさんこんにちは!

 

 

 

本田です(´∀`*)

 

 

 

今日もギラギラと太陽が照りつけておりますが、

 

熱中症などには気を付けてくださいねっ(>_<)

 

 

 

さて、突然ですがみなさん!

毎日の歯みがき、 

普通の歯ブラシだけでどれだけの汚れが落ちると思いますか?

 

 

 

実は、磨けているつもりでも、歯と歯の間や

 

歯の裏側など、直接目で見れないところなどに汚れが付いているんです!!

 

 

 

 

 

そこで、今日は細かいところまできれいにするための

 

補助器具をご紹介したいと思います。

 

 

 

まずはこちら!

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『デンタルフロス』です。
 

歯ブラシでは取りきれない歯と歯の間や歯と歯茎の境目を清掃することができます。

 

 

 

単に見ると1本の糸だけに見えるかもしれないですが、実は細かい繊維の束になっていて

 

細かい繊維で汚れをからめとります(^^)

 

 

 

 

 

 

糸タイプのものは慣れるまで、大変ですが慣れると、とても簡単にできるようになります。

  

難しい人は、CMでおなじみの糸ようじ←などを使ってみるといいかもしれないですねっ(*´∀`*)

ホルダーがついているので簡単に使用することができますよ♪

 

 

 

 続いては、
 

『歯間ブラシ』 です。

歯間ブラシは小さくて細かいナイロンの毛がついた、歯と歯の間を掃除する用具です。

 
 

基本的には歯の隙間が多少あるところ、歯ぐきが退縮して下がってしまているところに使ってください。

 

 

 

また、フロスの通せない、ブリッジ部分にも使用することができます。

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

歯間ブラシのサイズは毛の太さ(ブラシの部分の直径)で分かれており歯間ブラシを入れてみたとき抵抗なく動かせるサイズを選ぶようにしてください。

入らないサイズの歯間ブラシを無理に入れると、歯茎や歯を傷つけてしまったりすることがあるので気をつけて下さい。

 

 

 

 

そして、最後は!

『ワンタフトブラシ』 です!

 

 

 

奥歯にブラシが当てにくい、吐き気がして歯ブラシを奥へ入れられないなどの悩みをお持ちではないですか?

 
 

 

 

 

 

 

こちらのワンタフトブラシは、毛先が小さく、尖っているので細かい部分まで

汚れを落とすことが出来ます。

頭も小さいので普通の歯ブラシに比べて、吐き気なども軽減されます(^^♪

 

歯並びが悪いところや、歯が重なってしまっているところなどでも

 

こちらの歯ブラシを使うときれいに汚れを落とすことができるんです(*´∀`*)

 

 

 
 

 

 
←普通の歯ブラシだとどうしても
  歯と歯の間に毛先が届きにくいのですが、

 

 

 

←ワンタフトブラシを使用することで

 歯と歯の間まで簡単にお掃除することができます(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんのメンテナンスを行っているなかで意外と、補助器具の存在を知らない方が

 

多くいらっしゃるので、今回、3点ほどご紹介させていただきました。

 

 

 

詳しい使い方などは、スタッフまでお気軽にお声かけください。

 

わかりやすく説明させていただきます!笑

 

 

それでは、今日はこれで失礼します(*´∀`*)

 

 

石本歯科クリニック

スタッフ 本田