COLLOQUIUM in 2012

7月1日(日)東京ビックサイトにて“インプラント治療の長期的予後を考える”をテーマに京セラメディカル株式会社主催のコロキュウムが行われました。約600名の熱心な先生方が出席されシンポジストとしてシンポジュウムに参加しました。

加藤教授

前日、懇親会がお台場の日航ホテルで行われました。当日のシンポジュウムの座長をお務めになった日本大学松戸歯学部教授の加藤仁夫先生のスピーチ。その後私も少しだけ御挨拶させていただきました。

 

 

 

 

 

林先生

 

 

懇親会で歯科界のミポリンこと林美穂先生とのツーショット。とても熱心かつ優秀で全国の女性歯科医師の憧れの先生です。

 

 

 

 

 

受付

 

 

 

当日開演前の会場受付の様子。

 

 

 

 

 

 

衛生士

 

 

 

当院からは本田さん、西山さんがコロキュウムに参加しました。勉強になったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンポジュウム講演の様子。

 

シンポジュウムに参加した他の先生方の講演が素晴らしくちょっと緊張しましたが、予定通りの話しができたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

講演の後ディスカッション、質疑応答が行われました。向かって左から城戸先生、私、山道先生、春日井先生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディスカッション時の様子は巨大なスクリーンに映し出されていたようです。本人は気付いていませんでした。

今回このような機会を与えて下さった京セラメディカル株式会社の関係者に深く感謝いたします。