• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

HAインプラント講演会inソウル1

自著の“HAインプラントセラピー”が韓国で翻訳されたのを受け、、6月19日(日)に韓国ソウルでHAインプラントに関する招待講演を行ないました。海外での講演会は初めてなので、すごく楽しみにしていました。当日は同時通訳がつくため、シンプルに解りやすい講演になるように心がけて準備を進めました。

DSCN1181.JPG

 

前日の18日(土)は午前中で診療を終わらせ、クリニックを出発しました。

スタッフが見送ってくれた写真ですが、皆んなやけにうれしそうです。それなりに宿題を出したのですが、院長不在の土曜の午後は彼女たちにとってはこたえられない喜びがあるようです。普段の診療時とは違って、穏やかに、ゆっくりと時間が過ぎたことでしょう。

 

 

 

DSCN1186.JPG当日のチケットはeーチケットで送られてきました。それを見ると出発ロビーがターミナルIとなっていました。国際線のターミナルができたはずなのになんでターミナルI(イチ)なのかなと思いモノレールの改札で聞いてみるとターミナルIのIは“イチ” ではくインターナショナルの“アイ”でよく皆さん間違えるそうです。気をつけましょう。

国際線ターミナルは新しくとてもきれいでした。

 

 

 

DSCN1190.JPG韓国に到着すると空港からホテルに送迎されました。

素敵なホテルの部屋が用意されていてリラックスして当日の講演に臨むことができました。

有り難うございました。

 

 

 

 

 

 

DSCN1196.JPGのサムネール画像ホテルに到着後、ホテルのレストランで当日の打ち合わせと食事会が行われました。

私の左が韓国Zimmer社 社長の朴さんです。

右が韓国で歯科材料関係の社長のこちらも朴さんです。朴さんには過去韓国で2度ほどお世話になってます。日本に留学経験もあり日本語が堪能です。

二人の朴さんは大学の先輩、後輩の間柄で仲が良いそうです。 

 

 

 
DSCN1204.JPG

 

当日会場におかれた看板。

地下の駐車場からの入口や会場のいたるところにおかれてました。

さすがというか、恥ずかしかったです。

 

 

 

 

 

続きは次回また報告します。