歯周病に効果的な治療-内科的抗菌療法☆

こんにちは宮里です♪
皆さん「歯周病」という言葉を耳にしたことはありますか?
よくテレビのCMで流れていたりしますよね(^^)
では一体、歯周病とはどのような病気かご存知ですか?
 
 
歯周病とは歯と歯肉の間(歯周ポケット)に細菌が入り込むことにより、
歯肉に炎症を引き起こし、さらに歯を支えている骨(歯周組織)までも溶かしてしまう・・
これが歯周病(歯槽膿漏)という病気であり、歯周病菌による感染症です。
 

虫歯と並んで歯を失う大きな原因の一つとなっています・・

悪くなるまで、ハッキリと分かる自覚症状はなく、
「歯肉が腫れてる・歯がグラグラ揺れてきた」
などといった自覚症状が出たときにはかなり進んでしまっているのです(・д・;)
 
 
歯周病の最大の原因はお口の中の細菌が作り出すバイオフィルムという膜!
 
そのバイオフィルムはセルフケアでは除去できない為、
歯科医院で定期的に専用の機械で歯周ポケット内の清掃をしていくことが大切です。
 
ですが、何をしても歯周病が進行していく方がいらっしゃいます。
 
そのような方は歯周病菌を多く持っている可能性があります
 
機械的清掃は歯周病菌の量を減らすことはできますが質的コントロールは難しいのです。
 
では、どうすればいいのでしょうか??
 
 
そこで近年、歯周病菌に有効な抗生物質が出てきました!

 

 

歯周病 ジスロマック

DSCN1098.JPG ジスロマックというお薬です☆
 
今まで歯周病における薬物療法の位置づけは一時期的に炎症を抑える補助的なものでしたが、
なんとこのお薬は3日間服用すると、抗菌力が7日間持続するのです(・∀・)b♪
 
なぜ7日間も効果が持続するかというと
他の抗生物質は約8時間で分解されますが、
ジスロマックは肝臓で分解する酵素を阻害する役割があるため、
長い期間お薬の効果が得られるのです!
 
 

ジスロマックの作用期間中に歯周ポケット内の機械的清掃を行うことで
良好な結果が期待できます!

 
当院ではジスロマックを服用後、3日目と4日目に歯周ポケットの機械的清掃を行うため
来院していただきます。
 
 
美人衛生士の奥さんの手により歯周病菌をやっつけてくれます★! 
 
メガネをかけて教育ママさん風です(笑)

目黒駅前 歯科医院 スタッフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この抗菌療法による歯周治療で

「諦めかけたけど、やって良かった!」

「口の中がスッキリした!」
と患者さまからお声をいただいています♪
 
 
歯周病は末期になると歯を支える組織がなくなってしまい、
身体が「じゃまもの」として歯を排除しようとします。
 
歯を損失した後にインプラント治療を希望しても、
インプラントを埋める骨がなくなっていることもありますので
歯周病にならない為にも、初期の診断を受けましょう!
 
 
                                目黒駅 石本歯科クリニック  宮里