• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

予防歯科のパラダイムシフト4

こんにちは☆奥です♪

残念な事に、4週にわたってアップさせて頂いたBLOGも今週で最終回となってしまいました。涙。

そんな最終回はガムについてお話しようと思います☆★

 

ガムといってもたくさんの種類がありますが、ここでご紹介するのは虫歯の予防になるガム!!

 

虫歯予防のガムとしてはロッテから出ているキシリトールが有名です☆”

当院ではキシリトールガム以外にもグリコのポスカムをオススメしています♪

 

では虫歯予防のガムはいずれも同じ効果が期待できるものなのでしょうか?

 

DSCN1138.JPG

まず左の写真のキシリトールの説明をします☆

キシリトールは最もポピュラーな虫歯予防のガムです。

このキシリトールの働きは主に虫歯の原因菌ミュータンス菌に作用することが大きな特徴です。

ミュータンス菌は代謝をして酸を生産します。

キシリトールのミュータンス菌に及ぼす影響は、エネルギーだけ消費させて酸を生産させない無益回路が関係しています。

 

さらに、キシリトールはミュータンス菌のエネルギーを消耗させるだけでなく、糖代謝を阻害する効果も証明されています!!

つまりキシリトールはミュータンス菌にアプローチするガムということです♪

 

 

DSCN1139.JPG

一方、左の写真はグリコのポスカムです。

キシリトール程メジャーではなく私も色々なお店を探したのですが、あまり見かけた事がありません(;∧;)↓

 

このポスカムとキシリトールには大きな違いがあります!

それは水溶性の違いです。ポスカムは高水溶性カルシウム素材であるのに対してキシリトールは低水溶性水溶性です。唾液にはポスカムが高水溶性であるため、より多くのカルシウムイオンを供給することが可能です。

リン酸イオンは唾液中に十分存在していますから、カルシウムイオンをより多く供給することで再石灰化に有利に働きます☆

 

このように虫歯予防ガムもその製品により効果が異なります!

どちらも効果は十分に期待できますので是非使用してみて下さいネ♪”

 

ではでは!これで”予防歯科のパラダイムシフト”これにて終了させていただきます!!

少しはお解りいただけたでしょうか?

 

私自身も予防歯科について改めて見つめ直すことができ、こうやってBLOGを通してみなさんに

お伝えすることが出来てうれしく思っています(・∀・)♪

ありがとうございました!

 

 

                     目黒駅 石本歯科クリニック スタッフ 奥