• インプラント治療

    低侵襲、審美的、治療期間の短縮をテーマに長年インプラント治療に取り組んでいます

    詳細
  • CT撮影診断

    Ct撮影診断による安心・安全なインプラント治療を実践しています

    詳細
  • マイクロスコープ

    歯科用顕微鏡マイクロスコープをいち早く導入して、精密な治療を心がけています

    詳細
  • セレック 3D

    3D CAD/CAMシステムによりセラミックによる審美即日修復が可能です

    詳細
  • 書籍

    院長は診療以外に学術的に幅広く活動しています

    詳細

セラミックス修復2~実践編~

こんにちは宮里です♪

前回の記事では銀とセラミックスのつけかたの違いや、

銀歯は2次的な虫歯になりやすいとご説明いたしました。

 

そこで当院でオススメするのが

【1日で終了するセラミックス治療☆】

 

今回は、そのセラミックスの治療がどのように行われているのか

治療の流れを具体的にご説明したいと思います! 

 

                                                               
12345.jpgのサムネール画像

この患者様はプラスチックの詰め物が

欠けて虫歯になっていました。

そこでセラミックスの治療を受けることに。 

                  

 

       

セラミックス 機械

 虫歯を取り除き、形成が終了したら

こちらの機械を使い、3Dカメラで口腔内を撮影。

専用のパウダーを使用し撮影する為

型取りの不快感を味わうことはありません!

 

撮影が終了したら

コンピューター上に再現して設計を行います。                                           

 

 

 

                                                        

                 

DSCN1125.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

こちらがコンピューターの画像を拡大した写真で

マージン部を決定した状態です。

映し出された立体カラー画像は

リアルで分かりやすく、

色々な方向から画面上で見ることができます。

                                             マージン部がハッキリと分かる形成が重要となってきます! 

 

 
DSCN1117.JPGのサムネール画像のサムネール画像                      

 

 そして、患者様に適した咬合面形態がデザインされます。

 

 

 

 

 

DSCN1111.JPG

                         

設計が終了しました。 

このデータを転送し、

セラミックスのブロックを削っていきます。                       

 

 

 

 

DSCN1075.JPG                    

 こちらがセラミックスを削るミリングマシーンです。

先程、設計した修復物が約10分で削り終わります。

 

 

 

 

 
23456.jpg                       

削り終わったら、レジン系セメントを用いて

セラミックスを強固に接着します!

唾液が入らないようにラバーダムを使用するのも

ひとつのポイントです! 

                         

  

                        

34567.jpgのサムネール画像

 

セラミックス治療の終了です☆

今回はこのように仕上がりました♪

 

 

 

 銀歯ですと型をとって、いれるまでに2~3回の通院が必要ですが

当院では1回の治療で終わるので時間のない方にもオススメです♪

また、金属アレルギーの心配もありません!

 

セラミックス治療に興味をお持ちの方は、当院のスタッフに気軽にお尋ね下さい(^^★)

以上、セラミックス修復の実践編でした! 

 

                                目黒駅 石本歯科クリニック 宮里