インプラント症例報告3

今回は上顎フル

マウスの症例報告をさせて頂きます。

2.jpg

初診時の状態。

主訴は歯の動揺による咀嚼障害でした。上顎臼歯部は動揺が激しく患者さんはインプラント治療を希望して来院なされました。前歯はスーパーボンドで固定された状態でした。患者さんは審美的、機能的回復を望んでいました。

 

 

 

1.jpgのサムネール画像

上顎の歯槽骨の吸収が激しくほとんどの歯が保存が難しい状態でした。患者さんと話し合いの結果上顎を優先的にインプラント治療を行うことにしました

 

 

 

3.jpg

補綴物が装着され1年後の状態。歯肉の連続性が獲得され、機能的にも何でも咬めるようになりご満足頂くことができました。この補綴物は治療開始から5カ月で装着されています。上顎洞挙上術、抜歯即時埋入を駆使して5カ月で補綴物を装着できるのはHAインプラントを使用しているからです。

 

 

4.jpg

術後のレントゲン写真。サイナスリフトされインプラントが埋入されていることがお分かり頂けると思います。

抜歯即時埋入を戦略的に行うことで大規模なGBRを行うことなく低侵襲、短期間でインプラント治療を終了することが可能となります。